緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

絵が描けない絵描きだから描けるフィールドがあり、その中のことに妥協はするまい

私は、絵が描けない。

 

何を言ってるんだ、って感じ?

でも、事実。

 

モノのカタチをちゃんと描くとか。

写実的に描くとか。

写実的でなくてもいいけど、三次元的なモノを、それとわかるように描くとか。

 

そういうことが、できない。

 

フリーハンドで引く直線なんて、ひどいもんだし。

円もひどい。

描画の基本と言われるところが、そもそも、ひどい。

練習はしているんだけど。

 

けれど、普通は、絵描きを名乗っている人間はうまく描くと、思うだろう。

無邪気に。

 

 

もちろん、背景や小道具等の描き方も努力した過去はある。

満足にできるようにならなかっただけだ。

そこに熱意が持てなかった。 

若い頃、ものすごく努力して練習したのは、人間を描くことだった。

それも、写実的に描くよりは、マンガ的、アニメ的なオーバーアクションのデフォルメされた絵。

それしか、興味がなかった。

ただし、そこだけは、やりこんだ。

 

 

 

今は、そもそも「モノのカタチ」すら絵に存在しなくなっている。

今、石膏デッサンとやかったら、目も当てられないことになるのは間違いない。

やりたくもない。

時々、絵描きを名乗っていない方が過去に美術系学生だった頃の絵を載せているとか、趣味で描いてる方の達者な作品とかを見ると、すごく凹む。

自分が絵描きを名乗っててもいいものか、と思うこともある。

 

けれど。

そういうフィールドで勝負することは、もう、金輪際ない。

だから、別にそこを強化しようとは思わない。

 

そして、それでいい。

 

ただし。

己の勝負フィールドの中のことでは妥協はするまい。

 

今までもしてきてなかったつもりだが。

より、意識していこう。

 

 

 

【ご案内】

期間/人数限定セッション

【内なる龍覚醒セッション】は6月末。

【鬼の繋ぎワーク】は7月末まで。

 

お申し込みと同時に、自動返信でお振り込み先情報などが届きます。

それが届かない方は、改めてご連絡ください。

もし自動返信が届いていないまま期日を過ぎた場合でも、再度のお申し込みはお受けできません。

 

art-hiro-b.hatenablog.jp

 

 

art-hiro-b.hatenablog.jp

 

★外部サイトからも読者登録できます!→

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。