緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

求めたのは「でも、だからこそ」

とある「案件の答え」を、3種類用意する。

1,2,3と番号を振る。

その内容も、案件についての説明も、不要。

単に、自分の中で「この案件についての回答は、1:○○、2:**、3:××」と決めておけばよい。

 

そして、このセッションのリーダーさんに、番号だけを読みあげる。

 

その時の「私」を、リーダーさんは、読み取る。

 

そういう進行だった。

 

これで何がわかるか…というと。

1~3の「答え」に、「私本人の空気(エネルギーと言い換えてもいいのだろうけれど、やはり、空気だと思う)」の動きを、読む。

主として、そこに含まれる「感情」を。

 

は?なに言ってんの?

ありえなーい!!

ダメダメ、NO!

ふざけんなよ…

こんなのやだー!

なにそれ、がっかり……

なんか悲しい

直視できない…

 

出しておいた答えは、どれも、私自身が考えた結果なのに。

そして、本命はこれかな…とも、思いながらのことなのに。

 

私がメモに書いた案は、そのほとんどが渋~い顔。

 

そして、「これなら、まだ、現実味がある」という反応をしているらしいのは、本命ではない案だった。

本命ではないどころか。

このために、急にねじこんだような。

 

でも、それが、私の醸し出した空気から読める、最も「採用に足る案」だった。

 

頭は、本当に、騙すのがうまい。

 

もちろん、このやり方について疑問を持つ人も、多いと思う。

なんだそれ…と感じる人も、いるだろう。

なにしろ、何一つとして、リーダーさんには説明をしていないのだから。

問題も、答えも。

 

それでも。

だからこそ。

 

そう。

私がこのセッションに望んだのも、まさに、その「でも、だからこそ」だった。

 

理屈で出す答えではない。

自分の状況や技能、置かれている状況、社会情勢…そういった様々な「もっともらしい材料」をいろいろ吟味してはじき出す計算の答え。

そんなものは、今、求めていない。

 

そうじゃない。

これは私の最大に苦手な分野だから。

考えることすらイヤだということだから。

だけど、これを避けることは絶対に、出来ない…ということだから。

 

私は、市場がどうだこうだ能力がどうだこうだ、ということではなく。

「私は本当は、どこを落としどころにすることが、最も気持ち良くできると感じているのか」

というのが、何よりも問題なのだ。

 

心ではなく、魂の望むポイントだ。

 

もちろん、言われたことを信じて採用するかどうかは、最終的には自分で判断するのだが。

 

 

思ってもみなかったところに着地した感じは、ある。

 

しかし…この「思ってもみなかった」のうちの何割かは、心がわざと見ないようにしていたせいだ…とも、自分でわかる。

 

 

「それで、すぐにすんなりいくっていうのは、ないと思います」

と、リーダーさんは付け加えた。

「その答えは、それならトライできる、チャレンジとして、慣れていくためのもの」

だと。

 

本当の魂的な到達したいポイントは、かなり遠大。

しかし、そんなところに一足飛びには行けない。

行くための、飛び石…その一つ。

 

「本当の目的地」を描いてくれたけれど。

その景色は、確かに、私の中にはずっと、あるものだった。

やっぱり、それを目指すのか…というのが、私の率直な感想。

 

大変なんだよね。

そうそう簡単には、行けないところだから。

でも。

「無理でしょ」という感じはしない。

そうなんだよ、無理だと感じない…つまり、可能であると。

私は、思っているのだ。

 

このカードで?

それが可能になる?

 

その景色は確かに、今までも思い描いていた景色。

だけど、そこに行くためのカードが、これ?

 

 

そうならば。

それで、いい。

それも含めての、チャレンジだ。

 

 

f:id:art-hiro-b:20170612231345j:plain

今日の夕雲は疾走ってた

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。