緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

自分の守備範囲に薄すぎるところがある…のが無視できなくなってきた話

人生におけるキーマン…という方が、きっと誰しもいらっしゃると思う。

私にも、数名、いる。

 

そのうちの数名は、今も交流がある。

 

あらゆることの基礎となる羅針盤の役割をしてくださっている方。

弱々な信念をいつも補強してくれる方。

思考を切り分け、整えてくれた方。

感覚だけだったものに裏打ちをくれた方。

率先して行動し背中を見せてくれる方。

そして、私の創作活動上にベストな道具をいくつも分けてくださった方。

 

 

面白いのは、同じジャンル…というか、職分というか…担う役割が、全てのキーマンで別々なことだ。

同じ役割に、複数の人が被っているということが、ない。

 

 

先日、これらの方達の立ち位置を視覚的にしてみたらどうなるかな…とふと思って、思い描いてみたのだけど。

特に「見えない世界」系を抑えるキーマンの方の居住地が、実に面白いほどに綺麗な図形になった。

 

なんじゃこりゃ…と、思ってしまうくらい。

 

南方が開いているんだけど。

なんせ、うちから南方っていったら、もうすぐに海。

南に大きな水…ってことで。

ここはもう、「空いてる」とも思えない始末(笑)

 

 

その布陣を見ていると…。

やっぱり、どうしても、私の守備が薄すぎるエリアがあるな…って感じる。

今までは無視できていたけど。

最近それが、難しくなってきたな…という、感じ。

 

今、鬼の繋ぎワークをやらせていただいているけれど。

私は、仏様が実はちょっと、苦手。

苦手というか…非常に、「すごく偉い、遠くの親戚」みたいな感じで。

神様方だと、超近い世話焼きのおっさんみたいな感覚だけど…仏様は、どうにも、よそ行きの顔でしか、対面できない。

 

でも。

そろそろ、そんなことを言ってる場合じゃ、なくなってきた…気がする。

この守備の薄さは、ちょっと、よくない。

そんな気がする。

 

 

 

これは、2015年1月の画像。

ダキニさま。

合作作品だ。

f:id:art-hiro-b:20170609230203j:plain

経過等は、当時の記事をどうぞ。

ダキニさま お色直し|手が知っている異界の彩~絵師・緋呂 展示館~

 

 

私が仏様を描くと、なんか、仏様じゃない感じで。

インドの神寄りな感じにしか、ならない。

不動明王も、しかり。

https://www.instagram.com/p/7e-r-_Jifj/

水彩色鉛筆、墨、水彩金#不動明王 #hotoke #illustration #art #artwork #水彩色鉛筆

 

 

 

 

自由に描けばいい、っていうけど。

様式がきちんとあるものは、それを知った上で自由にやるのと、単なる野放図なのとは、おのずと仕上がりは違ってくるもんだ。

 

龍は、今、龍印画とかで、一つの「型」ができてきた。

神は…まあ、自由にやらせてもらえばいい。

 

仏様について、これから少しばかり、修行をしたほうがいいかも知れない。

…と、思っている昨今。

 

 

文字の方面でも、もう一つ、見識を広めておきたいと思っていることがあるし。

一つ落ち着けば、すぐに次が来る…という、ほんと、ちっとも落ち着けないこと、この上ない。

 

おかげで、飽きずに済む…というのは、あるけれど。

楽はさせてもらえない…と。

 

 

 

【ご案内】

鬼の繋ぎワークは、お申し込み6月30日必着。

セッション日は7月末までのどこかでお選びいただけます。

 

お申し込みと同時に、自動返信でお振り込み先情報などが届きます。

それが届かない方は、改めてご連絡ください。

もし自動返信が届いていないまま期日を過ぎた場合でも、再度のお申し込みはお受けできません。

 

art-hiro-b.hatenablog.jp

 

 

 

★外部サイトからも読者登録できます!→

 

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。