緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

嗚呼、窯よ窯…

窯のことを、何度か書いた。

 

 

art-hiro-b.hatenablog.jp

 

art-hiro-b.hatenablog.jp

 

 

両方とも、去年の12月の記事だ。

あれから半年弱…経過した現在。

 

当時、10万円で買える窯もあるのだ…なんて思って、記事に貼っているけれど。

その後、そのレベルの窯ではちょっと、実験するには不足だということは決定的になった。

 

 

焼かせてもらっている工房が今、近いところに2箇所あり。

そのどちらも、同じような大きさの窯を装備している。

そして、そのどちらも、家庭用電源で稼働しているそうだ。

基本料金なども教えてもらった。

 

なるほど、あのサイズの窯を動かすのでも、それでいいのか…と、思った。

私が手に入れたいサイズの窯ならば、もう少し、基本料金は抑えられるはずだ。

 

しかし。

窯の他にも必要な備品…棚板などなどを加算し。

窯を設置するために整える場所にかかる費用を加算し。

…ってやると。

なんだかんだで、70~80万円クラスが必要になる。

残念ながら、現状私の財力で賄うことはできない。

 

買うなら、このメーカーの、このタイプかな…なんて。

カタログを見て妄想するのが関の山。

 

しかし。

イメージを持つのは大事だ。

うん。

 

 

ひとまず。

自前で購入するという他に、中古品(ただし状態が良いものでないと困る……)がどこかからまわってくる、という想定を。

無意識くんに→宇宙に(笑)

投げておく。

 

 

いつも焼かせていただいてる工房の窯への窯詰め風景。

もっと小さい窯でいいからね、宇宙さん。

f:id:art-hiro-b:20170521211041j:plain

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。