読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

忘れ去ったはずの青写真を、そうと知らずに組み立てる…の図

自分、一体何をやってるんだろうな…

 

て、思うこと、ありません?

 

私は、しょっちゅう、思います。

 

ほんと、しょっちゅうです。

 

 

自分で自分の進む道を選んでいるのだけど。

選んでるようで、実は提示された選択肢はいつだって、一つしか無くて。

じゃあ、その「ひとつきり」は、いつ誰が定めたものなのか?

 

まるで、ところてんみたいに。

後ろから押し出されて、思いもかけない皿の上に、つるんと、出てしまう。

 

なんかもう、ずっと、そんな感じです。

 

 

嫌いなことをやらされてるわけじゃないからね。

そこは、やっぱり、自分で選んで組み立てているのだろうな…って、思うんだけど。

 

まあ…ある意味。

「この世に出てくる時に忘れてくる青写真」

てのを、実に忠実にキッチリと、やっている…ってことかも、知れないなぁ。

なんてね。

 

 

私は、自分には霊感とか、そっち系の能力は全くない、と思っているんだけど。

時には、そう言ったらいかんのじゃないかな…という気が、ふと、する時もある。

けれど、スイッチを自分でオンオフできない限り、やっぱり、「ない」のと同じだと思うし。

 

 

 

昔、アメブロ時代に。

「神具職人になる」っていう記事を書いたことがあった。

なる…じゃなくて、自分はそうなんだ、って書いたんだったかな。

見えないクライアントがいて、その発注で何かを創る。

それは、三次元に生きている誰かが、使うためのもの。

そんな、想定。

 

今までもずっと、そういう「脳内想定」をして、創作活動やってきたつもり。

 

しかし。

最近になって、神絵を中心に描いてた頃よりもずっと、今の方が「その流れに浸り始めた」感じがしている。

 

 

龍を主体にする、と決めてからが、ほんとに、呆れるくらいの急流になった気がする。

 

 

自分が作っているモノが、どういう働きをするもので、どうやって使うものなのか。

私には、どうも、さっぱりわからない。

のだけど。

見る人が見ると、それが何かの作用をするモノであるらしい。

 

以前にも、そういう話を人としたことがあった。

 

その時も、

「どうやって使うかなんて使い手が決めるから、あなたはそんなこと考えずに作りたいように作ればいい」

みたいなことを、言われた。

 

そうだよね…と思う一方で。

 

いや、そんな、どう作用するかもわからんモノに値段つけられんやん。

 

とも、すごく思った。

今も、思う。

 

けれど。

見る人が見ると、何かになっている…と。

そうなると「自分にそれがわからないからって、お蔵入りでいいのか?」っていうのも、疑問になる。

 

 

ほんとに。

なんて残念な仕様にできているんだろう。

 

 

 

とかいって。

凹んでいる場合ではないし、別に凹んでもいないので、このまま、やることを淡々とやるだけなんだけどね。

 

今は、龍覚醒と龍体文字と、陶器絵付けとあかり玉。

 

 

 

 

 

【ご案内】

5月、6月期間/人数限定セッション

【内なる龍覚醒セッション】は、お申し込み5月31日必着。

セッション日は6月末までのどこかでお選びいただけます。

 

お申し込みと同時に、自動返信でお振り込み先情報などが届きます。

それが届かない方は、改めてご連絡ください。

もし自動返信が届いていないまま期日を過ぎた場合でも、再度のお申し込みはお受けできません。

 

art-hiro-b.hatenablog.jp

 

こちらもご一読を。

 

art-hiro-b.hatenablog.jp

 

 

このセッションを受けた方、これから受ける方に特化した「内なる龍の肖像画」オーダー制作いたします。

詳細はこちらの記事で。

art-hiro-b.hatenablog.jp

 

f:id:art-hiro-b:20170514020906j:plain

 

★外部サイトからも読者登録できます!→

 

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。