読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

毒舌であろうが穏やかであろうが、肝心なのは批判のスタンス

書き方が毒舌か穏やかか、というのは関係ナシ。

 

人の批判をする、という時の姿勢が、結局は「相手を貶め、自分やその身内的関係者を賞賛する」ところに意識があると、いくら「正論」や「破綻が少ない」述べ方をしていても、逆効果になることが多い。

 

…というのが、最近ほんと、しみじみと感じていること。

 

毒舌こき落としの場合は、相手をとことん落としたいということは素直に見える。

穏やかな書き方の場合は、その素直さも見えないだけに、より気味が悪く感じることが多いのだな…と、これも最近よく思うこと。

 

だから、言葉はキレイでにこやかで柔和なんだけど悪意が滲む系の人に、すっごい薄気味悪さを感じることが多いのかも。

 

 

片方が完全に正しくて、もう片方が完全に間違っている…なんてことは、そうそうない。

毒舌だろうが穏やかだろうが、やってることは批判に違いない。

「自分が正しい!」ということではなくて、「自分の意見はこうだ」…というのを主にすれば、たとえ意見が食い違った相手とでも、それなりに話を進めることはできる。

と、私は思っている。

今までも、そういうことはたくさん、あった。

 

だけど、たとえキレイで穏やかな表現でも、相手が間違っているのだから正すのだ、というスタンスで述べていると、話会う余地もない。

 

 

まあ、そういいながら、自分がそうできてるか…って言ったら。

笑うしかないけどね。

 

 

 

f:id:art-hiro-b:20170505121010j:plain

昨日の夕暮れ空

 

【関連記事】

 

毒は自分にも回っていく 毒に己の価値を汚染されないために - 緋呂の異界絵師通信

 

 

 

【ご案内】

5月、6月期間限定セッション

【内なる龍覚醒セッション】は、限定25名まで、お申し込み5月31日必着。

 

art-hiro-b.hatenablog.jp

 

このセッションを受けた方、これから受ける方に特化した「内なる龍の肖像画」オーダー制作いたします。

詳細はこちらの記事で。

art-hiro-b.hatenablog.jp

 

f:id:art-hiro-b:20170424174921j:plain

 

★外部サイトからも読者登録できます!→

 

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。