読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

意思の疎通を図るには、共通認識をどこまできちんと作るかが鍵!

言葉をいろいろと使って、同時に想像力も使って、「今、まだナイもの」をどのようにするか、を相談する。

それって、けっこうスキルがいる。

 

まず、お互いが「基準」としている状態を、いかにして正確に把握しあうか。

そこから、問題になる。

 

さっき、作業部屋DIYの大詰めとなった棚の作り方を、話しあった。

一口に「ここに棚を作る」と言うけれど。

実際には、意外と、双方に「こういうもの」として想定している状態が食い違っていたりする。

 

今まで、この部屋作りについては、私はあまり細かく希望を言わなかった。

ぶっちゃけると。

床にどういう板を貼るか、壁にどういう素材を貼るか…というのは、私にとっては優先度がそれほど高くないのだ。

黒すぎるカラーリングになりさえしなければいい。

黒統一はシックで素敵だけど、印象が暗い。

私には、仕事場というよりは「洞窟」イメージに近寄りすぎて、制作意欲が減退しかねない。

ヘタしたら、お昼寝部屋になってしまう。

 

一部屋しかない、という都合上。

床に大きいのを寝かせて描く可能性が大きい、という都合上。

収納と展示を壁面に寄せて中央を開けるのは必須。

 

もう、それくらいしか、「最低条件」としては、ない。

 

あ…もう一つ。

カウンターテーブルのところにある窓。

あそこに、ヒダの多いカーテンをつけたくない…っていうの。

ヒダが邪魔になって開けっ放しになるのが目に見えているから。

これは、御簾を使うことで決着した。

 

 

しかし。

棚の具体的な構造…となれば、話は違ってくる。

入れるモノは、私が使うモノだ。

ぶっちゃけると、見栄え<<<<<<<<実用性だ。

段違いの飾り棚などは、余裕のある空間でならいいなと思うけれど。

それに大きなスペースを取られても困る。

そして、下の段の棚に扉をつける…という話が、私にはずっと気になっていて。

 

いらねえ…

 

と、思っていた。

今までも何度か、扉は要らない、と言っていたけれど、ダンナは「キレイに見えるように」を中心に考えてるから、意味がわからないらしい。

 

この棚は、奥行きも深くない。

そこに収納できるものは、限られている。

あなたは母屋から額を外に出したいのだろうけど、そもそも、そんなところに収納しきれる分量でもサイズでもない。

無理。

キレイに、と言ったって。

扉がキッチリ閉まらないなら、その方がより、見栄えが悪かろう。

 

いや…はっきり言おう。

 

あなたの嫁は、金輪際お片付けのできない女なんだよ。

そんな「扉」なんて、閉められるわけがないだろう。

 

 

いよいよ、明日、問題の棚の具体的な作りに入る。

もう、こうなったら。

図を書くしかない。

 

f:id:art-hiro-b:20170408231658j:plain

もっとぐちゃぐちゃだったんだけど。

一応、最終的に「これならいいか」と双方合意に達した。

もう一つ別のレイヤーに、問題の「扉をどうするか」の代案を書いた図があるのだが、そこは完成品をお見せするまでのお楽しみ。

 

扉プランは阻止成功。

 

当初のプランとして聞いていた「棚」案よりも、使いやすくなったと思う。

そして、作る手間も材料費も、たぶん、この落ち着いた案の方が楽にすむはず。

(なんせ、幅10センチ弱の板を並べて扉を作ろうとしていたんだから………それも4枚も!)

 

 

しかし、文明の利器はホント、ありがたい。

現場写真に書き込んじゃえば、一番わかりやすくて楽。

 

 

こうして、さまざまな手段を尽くして「見える化」して、共通認識をきっちりと作る。

それが、「協議」の鍵。

 

もう、私も満足できる棚になると安心して丸投げできるってもんです。

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。