緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

見えない世界観点の道標チェックにオススメのサイキックリーディング

このメニューがスタートした時から、受けるチャンスを待ってたんですよ。

奄海るか先生の、サイキックリーディング。

 

生きてる人間の口を借りて飛んでくる指示はたくさん、あるんです。

ウンザリするくらい。

 

けど、るか先生のは、そういうのとも、違います。

 

確かに、生きている人の口を借りてのメッセージ伝達ではあるけれど。

るか先生の場合は、「ダイレクト伝達」ですから。

ほとんどの人は「知らないうちに口を借りられてる」状態。

いわば、無線LANを勝手に使われてる感じ。

 

一方、るか先生のは、ケーブル直結での伝達です。

 

今までに何度も彼女のセッションは受けてますが。

いや~。

ほんと、毎回、スゴイです。

 

ってことで。

やっと、スケジュールが合う日ができて、楽しみに待っておったのです。

 

 

 

 

結果…

 

大いに、再確認になりました。

 

ごめんね、私、「新しい展望」とか「迷ってることへの突破口」みたいな体験談は、全然、書けません。

そもそも、そういうのを求めて受けてないし。

なので、るか先生に、出口を求めて受けるみなさんのお役には立てないです。

 

 

が!

自分の道筋を「外郭から確認したい」という用向きには、自信を持ってオススメします”!

 

しかも、自分の視野からはみ出ていることを拾い上げて、視界に戻してもらえます。

 

このセッションは、「質問を受け付けない」という決まりがあります。

「○○についてお願いします」などの「前提を限定する」ことはNG。

だから、悩みの解決とか、出口が欲しいといった「質問に対する答え」のためには受けられません。

私は質問がないので、この決まりは逆に大歓迎。

今必要なことだけ、伝えてもらいたいのですから。

 

なんてありがたいセッションか。

 

リーディングで言われたことに対する質問は受けてもらえますよ。

「○○って言われたけど、そこんとこもう少し」みたいな。

私も、いくつか聞きました。

最後には質問タイムもあります。

聞き残したことがないか、よくおさらいして、疑問は潰しておきましょう。

 

メモはもちろん、セッションの録音もできます。

こういうことって、後になって「あの時の話ってこれ?」って思うことが多いので、これはありがたいです。

 

 

 

画像に使ったのは、セッション中にとったメモ。

ノートを出しておくの忘れてて、手近にあったコピー用紙とボールペンで書いたもんだから、赤文字。

決して、何かの呪文とかではありませぬ(笑)

f:id:art-hiro-b:20170308154515j:plain

 

 

しかし…

「緋呂ちゃんは仲介者だからなあ」

の言葉には、ちょっとびっくりしましたが。

 

確かに。

 

だって、私。

自分の思いとか主張とかを表現するための絵は、描いてませんからねえ。

作る人間だから、単純に、表現者だと思ってたけど。

なるほど、納得。

 

認識、改めました。

 

 

さーて。

気持ち新たに、次のことやっていきます。

 

 

るか先生のサイキックリーディング詳細はこちら!

blog.enjyudou.com

 

 

 

 

 

 

【ご案内】

★外部サイトからも読者登録できます!→

 

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。