読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

発信力と思考力 自分の目指すところへ場を引っ張っていくために

★考え方・感じ方

「発信力より、思考力だ」

 

先日、タイムラインをスクロールしている時に、そんな書き込みを見かけた。

その通りだ。

 

ある程度、日常的に発信する習慣がついた段階を過ぎると、次は

「思考をいかにして人に伝わりやすい素材に変換し、文章に落とし込むか」

という力がものを言うようになる。

 

素材に変換するにも、考える力がいる。

文章化するにも、考える力がいる。

 

センスと置き換えてもいい。

 

そして、これって、すぐにできるようになる性質のものではない。

 

 

私にそれがあるかどうかは、自分ではもう、よくわからないのだけど。

自分の理想とする水準では装備されていないな…とは、思う。

 

 

 

ただ、これって、日々の生活の中で鍛えることはできるところ。

人の話を聞いて、「へえ~」で済ましてばかりいるのは、その機会をみすみす捨てているようなもので、たいへんに、もったいないことだ。

 

他人は、自分にはない視点や感じ方を、必ず誰でも、備えている。

自分ではない人なのだから。

どんな相手でも、必ずだ。

 

 

 

ブログを書く…などの意味の「発信力」とは別の、発信力が、今私には、大事なテーマになっている。

文章ではなく、実際の言動による発信力。

それを生み出すための思考力。

 

 

最近の私は、とある場/そこに集まる人達の中にいると、とにかく、イライラして、言葉が必要以上にキツくなったり、無愛想この上なくなったりしてしまう。

そして、相手に「申し訳ない」とすら思わないようになっている。

 

だけど、そんな時ですらも、その場やその人達の話/その時の自分の反応や思考からは、いろいろと感じとることが多い。

 

自分の目指す方向であったり、どのような意識をもっている方がよいのかという認識は、そういう時にこそ、クリアになってきたりする。

 

 

なぜ、その状況に腹が立つのか。

なぜ、その言葉にイライラするのか。

なぜ、鷹揚に受け流せないのか。

 

結局、それは自分の中にある要素に反応しているわけで。

そういうものは、その条件の下でなければ確認のしようがないことだったり、するわけだ。

 

 

だから、私は、ストレスは完全になくなってはよくないと思う。

もちろん、その強度や質は、高すぎたり粗悪であったりしては、何らよいことはない。

選ぶ必要はある。

そして、その時には、

「この状況から自分が消化すべきことは何か」

を、よく考えることだ…と、思っている。

 

 

それにしても。

忍耐の札を使い果たしそうになる、という時間は、なかなかに、キツイ。

 

 

わかってるよ。

良くも悪くも私のように考える者は少ないらしいってことは。

そして、その場の人達の多くは、とても狭い世界の中でしか生きてきていないってことも。

人生の時間の多くを、何らかの閉鎖的な世界観の中で、役割を背負わされて、息継ぎも遠慮しながら…というくらいの道筋だったことも。

今のように、ネットがあったわけでもなく、別の世界を垣間見る機会など乏しかったことも。

その人達の、人生年数分の経験値は、私とは違う消化の仕方をされていることも。

その人達のせいではないことが、たくさんあることも。

 

離れる、という選択肢もある。

そして、それは、簡単に選べる。

 

その選択肢を視野にいれつつ。

 

それでも、その場に存在する「メリット」を活かす手段を、探すほうが。

たぶん。

よい。

(良い、善い)

 

 

 

その場へ対しての発信力は、今、かなり、高まっている。

それを、もう少し、場全体の軌道を変えていくだけの力を持たせるには。

 

どのような言葉を選び、どのように動いてみせるのか…ということを。

考えて、見つけ出すだけの思考力が、必要だ。

 

…と、思っている現在。

 

 

 

 

 

【ご案内】

★ 本陣工房 陶展 出展中

会期:2017年2月9日~2月15日
時間:11:00~19:00(2月15日は13:30閉場)
会場:ギャラリーチカシン 

art-hiro-b.hatenablog.jp

 

 ★ 龍&鳳凰おみくじ一筆絵葉書 2月中限定販売 

art-hiro-b.hatenablog.jp

 

★外部サイトからも読者登録できます!→

 

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。