緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

ブログなど文章と、会った時の印象…ギャップを摺り合わせようというのはやめます

前から、常々、ブログと本人にギャップがある…と言われてきた。

なので、できるだけ印象は一致していたほうがいいのでは…と思って、合わせようとしてきたのだけど。

 

実際のところ、無意識にギャップが出ているわけで。

要は、なんでそう違ってくるのか、ピンとこない。

 

「喋る自分」と「書く自分」は、かなりギャップがあると本人自覚している。

喋る方が非常に残念な状態で、書く時の半分くらいしか思うようにしゃべれない。

しっかり話したいことになればなるほど、言葉が出てこないし、スピードもゆっくりになる。

饒舌な時は、ほぼ、「どうでもいい話」の時だ(笑)

 

ただ、自分の思うギャップは、「語彙能力」の話で。

文章はコワイけど本人はそうでもなかった…という印象の話とは違うわけ。

 

結局、なにをどうやったら、印象を一致させることができるのか…というのは、謎のまま。

謎なものを、「一致させる」も何もないわけで。

 

 

で。

逆に、振り切っちゃう方がいいんじゃないか、という結論に達した。

 

まあ、もっとも。

常に素で文章書いていて、作ってる要素はほぼ皆無なので。

どうやったら、もっと「振り切っちゃえる」のかも、よくわからないのだけど。

 

 

とにかく。

文章の印象を柔和にしようとか、丸くしようとかいう意識はサクッと、放棄することにします。

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。