緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

「唯一無二」に至るために(今年はやや引きこもる予告)

2016年が押し迫った頃に、こんなこと書いた。

art-hiro-b.hatenablog.jp

 

 

約1ヶ月前になる。

 

で。

ここんとこ急激に、見えない世界側の要求がガン上がりした感じがしていて。

他の人となんか連動しちゃってる感じとかも、あるんだけれど。

それだけじゃなく、実際に、描く時の感触が、なんだか今までとちょっと、違う。

うまく説明できないのだけど。

 

今までよりも、ちゃんと意識しないと、イメージを掴みだしにくくなってる。

 

えーと。

無理矢理に、三次元の行動にたとえるとするなら。

 

気がつかないうちに、目がすごく悪くなってて、ある時ふと、「そこにある」と思ったしそう見えたモノを掴もうとしたら、目測がズレて空を掴む…そんなことが増えた。

みたいな?

 

なので、ちょっと、制作中にイラッとしちゃう。

 

 

それで、思っていた。

 

「今年は、あまり遊び歩いていないで、やや引きこもり的に創る時間と物量を増やさねば」

 

って。

 

特に、「これからやりたいと思ってることにトライする」よりも「今までやってきたことを固める」方向が必要になりそうに思う。

 

筆文字の講座を受けてる時にも、そういう感覚になった。

結局、私に必要なのは「新たなエッセンス」ではなく「やれることの強化」なんだな…って。

 

 

道具も、技法も、けっこう材料は揃っている。

一つ一つは、手札として見れば大して強くないけれど、連携させればいろんな使い方ができるカードばかりだ。

 

今年のテーマ「唯一無二」は、絞り込んで洗練させる、その先にやってくる。

…と、思う。

 

 

f:id:art-hiro-b:20170126002621p:plain

ameblo.jp


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。