読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

どんなことよりも、事実が一番、大きいのだ。リスクを取っているという事実が。

★日々徒然

温度差のある場、というのは、居て、疲れるものだ。

それでも、そこに居ないとできないことがある。

 

人間関係のストレスは、今私には、ほとんど何もない。

 

唯一、ストレスを感じる場が、どうしても切れない実験場だということが、なんとも皮肉。

(K塾関係ではございませんよ…ヘンな気を回さないでね)

 

 

わかっている。

自分が主の場ではないのだから。

温度差があるのは、「私の方」なのだと。

 

そう。

相手方ではない。

私が、差がある側なのだ。

 

 

正当化のための屁理屈とか。

保身のための屁理屈とか。

固すぎる頭や狭すぎる視野とか。

卑屈なまでの謙譲や、考えなさすぎるのに思い切りはないとか。

 

考えてみたら…なかなかに、逆位置な環境だなあと思う。

 

それでも。

持っている人が、有利なんだ。

持っている人が、天下なんだ。

「持つ」ためにリスクを取っているのだから。

それは、何よりも、大きな「事実」なのだ。

 

 

うん。

がんばろう。


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。