読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

積極的介入→瓦解加速 あるいは 静観→自然消滅 とるのはどっち?

★考え方・感じ方 ★好きに生きよう道

誰を擁護し、誰を非難する…ということじゃなく。

起きていることを見て、単に「自分はどうしたいか」「これから、どうしていきたいか」考えて、対応を決めていく。

 

それだけでいいじゃん。

 

自分は誰の味方だ、自分の誰は敵か。

あの人の味方は誰で、敵は誰か。

 

そんな二択は、疲れるだけだし。

そもそも、どの面を、どの立場で見るかによって、モノゴトは全く違う姿になる。

 

もっともらしい面だけ見たって仕方ないし。

裏の面ばっかりほじくったって、これもまた、仕方ない。

 

要は、「自分は、その人と、どう関わっていきたいのか」ということだし。

万が一、その人が「実は無体なこともしてる」とわかったなら、自分もその対象になる可能性を含みつつ、考えていればいいことだ。

 

 

 

 

こういうのを、「大人げないことはやめるべきだ」とか「そんなことを表に出すのは損だ」とか、言われることもよくあるけれど。

 

自分が好きで大事にした場に、害をもたらす(可能性が大きい)人が紛れ込んでいたら。

それを黙認して、害が実際に広がるに任せ、事後対処する…と。

そんなことは、できない。

 

「ちょっと顔貸しな」とやらかして。

けれど、ほどなくして、自分すらその場に留まる理由を見失ってしまう。

だから、出て行く。

または、場を解消してしまう。

 

それは確かに不毛な行為と言えるかも知れないけれど。

 

じゃあ、瓦解するのが目に見えてきている時に、何もしないでいるのか。

自分が瓦解させた原因にならなければ、放置でいいのか。

 

後になってそこから自分も去ることになったとしても。

それは、結果論で。

害が広がることをスルーした結果、場が消え去った…なんてことになるくらいなら。

何か手を下して、やってみて、それでもダメだった…という方がいい。

自分がやってみたことが、かえって事態を悪化させたのだとしても。

 

…と、私は、考える。

 

 

黙っていても、その場は崩れていくだろう。

だったら、何もせず、静観して、頃合いになるまではいい気分でそこにいればいい。

 

そう考える人も、いるだろうし。

別に、それでもいいと思う。

ただ、私はそういう風には考えられない…ということでしかない。

 

 

だから。

全体から見れば、私みたいなタイプの方がよっぽど、「害のある人間」なのかも知れない。

 

黙っていれば、自然に、ゆるやかに動いていき、そのまま平穏に消えていくハズだったのに…と。

それを、急激に、暴力的に、動かして。

その負荷のために、事態の破壊度は高くなった…なんて。

そんなことも、たくさん、起きていたはず。

 

だから、きっと、私のようなタイプが、危険分子と見なされる方が、自然なんだろう。

 

あれだ。

地球に向かって飛んでくる隕石みたいなもの。

 

 

でも、それがわかったからって。

やめられるわけじゃない。

また、次に似たような状況になったら、やっぱり、「ちょっと顔貸せ」って、やるだろう。

 

いつか。

自分が、呼び出される側になることも、もちろん、あるだろうけれど。

(まあ、実際呼び出される側になったことはあるしね)

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。