読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

強くなりたいですか?自分が弱いと思いますか?思うなら、やることは一つ。

★好きに生きよう道 ★考え方・感じ方

人は自分とは違う。

違うところを見つけると、怒りが湧くのか、矯正したくなるのか、面白くなるのか、尊敬するか…という己の反応によって、「そこに見た事象」に対しての己の世界観がわかる。

 

 

矯正したい気持ちが強く出ると、そのツッコミは凶器に変わる。

時には、相手が再起不能になりそうだと「自分が感じられる」ところまでやりこめないと気がすまない、っていうアブナイ人間もいる。

そういう人には近づかないのが吉。

普段が温厚な人にもそういうタイプはいるので、片鱗が見えた時にフェードアウトするスキルはあってもいいと思う。

 

 

けれど、今まで、見てきて。

相手を本当に追い込むところまでやり続ける人は、自分の内側にある弱みをやっつけたくて、代わりに他人をサンドバックにしてるんだなと、思う。

この場合の「本当に追い込む」とは、相手が病気になるようなところまでやり込めることを指す。

落ち込ませた、というくらいなら、本当に追い込んだとは思わない。

 

結局、みんな、自分の影と戦っている。

 

ある時点で、「自分で自分を叩きたがっているのだ」ということに気がつくか、そのまま他人を叩き続けるか。

人生を大きく、分けるポイントだと思う。

 

 

 

 

「自分の弱いところを認めることができない」ことが、一番の弱さだ。

自認している弱さは、もはや弱さではなく「そういう性質」でしかない。

それを、いつまでも、「自分はそこが弱いから」と看板にし続けるのは、弱いからとういうより怠慢だと私は思う。

 

 

 

あなたは強いからいいよね、なんてしょーもないことをほざいてるなら、自分が他人の言動のどういうところに、どういう反応を示すのかを吟味する習慣を持てばいい。

それは当然、痛みを伴うけど、それを避けたがるから、いつまでも弱いままなのだ。

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。