読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

実行委員を経て実感した、「かさこ塾のコミュニティが好き」な理由

★かさこ塾

内輪向け記事を書いた時、つくづく、思った。

何をって。

 

ウズウズしている人に、とっとと前に出てほしい。

そのための場があれば引っ張って行きたいし。

ウズウズしてる人に前に出てもらう一助になるなら、アホなことやって見せても全然いい。

 

なんか最近、どんどん精神年齢が退行してガキに戻って来ちゃってる気がしてたのだけど。

それでも生きていけるし、楽しく生きているし…って。

あれでもいいのか、と思われれば、それは全然、アリだな…って、思っているのだ。

(悪い見本だ、とも言うけど 笑)

 

 

 

セルフブランディングの実践塾である「かさこ塾」に去年参加して。

以後、今日までずっと、そのコミュニティにいる。

まだしばらく、いると思う。

 

そこには、本当に、いろんな人がいる。

好きな事で生計立てることができていて、それをよりブラッシュアップする目的で入ってきた人。

まだ、自分が何をしたいのかも模索している人。

業種も、多岐にわたる。

したいことも、していることも、実に様々。

 

 

なんで、こんなに、このコミュニティに長く留まっていられてるのか。

「ウズウズしている人達」が、自ら前に出るところに、他の場所よりも多く立ち会えるからだ。

 

 

以前からそうだったのだけど。

私と喋ってて、何かを言った拍子に、相手の人の世界観がぐるっと1回転する…ってことが、しばしば、起きる。

最近そうなった、とある塾生は、その時のことを「ブレイクスルーが起きた」とか、なんか、おおげさな表現をしていた。

大げさだなあ~と苦笑はしたけど。

彼の価値観がひっくり返ったことは、私にもわかった。

 

そういうことは、よく起きる。

なので、以前は、ちょっと頭の軽い人やピュアすぎて疑わないような人相手にボロく儲けてりゃそれでいい的な考えの人から「コンサルやりなよ」と、言われてた。

まあ、それはないとして。

それでも、私自身も、何かこういう「きっかけを掘り起こす」感じのことが仕事にならないかな…って、考えてた時期もある。

 

それくらい、頻繁に、そういうことが起こってた。

 

ただし、狙って起こせることじゃない。

 

時と場と、相手の状態、それらがキッチリ揃った時にだけ起こること。

 

ある意味、天意ってやつだ。

そんなのをコントロールできるわけがない。

コントロールできないものを、ビジネスにはできない。

私の絵と一緒だ。

 

 

世界がひっくり返った瞬間、その瞬間の表情は、本当に、最高だ。

それを見るのが、大好きなのだ。

 

要するに、かさこ塾ってところは、そんな瞬間を間近に控えている人達がいっぱい集まってくるところなのだ。

 

何かしたい、今のままじゃイヤ…という願いを持って、やってくるのだから。

薄皮が破れるのを待っている人達だから。

 

私がひっくり返したのでなく、他の人との絡みの中でブレイクスルーを迎える人達を見る機会も多い。

自分が関わってなくても、それを見てるのは嬉しいし楽しい。

表情が変わった人を見ると、もっと何か出てくるんじゃないだろうか…って楽しくなる。

実際に、出て来そうな素材を発見した時は、投げてみることもある。

激変する人もいる。

ほんと、面白い。

 

 

 

よく考えたら。

絵の世界に戻ってきてから、パステルで羽根とか光を描くワークショップを開いてた頃からずっと、「できるからやってみな」ってことを言いたくてやってた。

できなかった人は一人もいない。

 

ああ…いや、一人だけいた。

数十分の手ほどきを受ければ、全く絵なんてやったこともないけど「しゃしゃっと」描けて人に自慢できるようになる…と思っていた年配の女性。

あの人だけは、私もどうにもできなくて、お手上げだった。

自分からやろうという気の無い人は、どうやったって無理だ。

 

 

内輪向けのウザイ記事を書いてSNSにシェアする時、つけた文章がこれ。

書いててよくわかったけど、私は初心者やそれに近い位置の人への可能性を開くことが一番大事に感じてるようです。

 

伸ばしてあげたいとか、引き上げてあげたいとか、そんなことではなくて。

「ほら、前に出たら違う世界が見えるよ」って、ぽーんと放り出す感じ。

違う世界を見せる役目は、私でなくても全然いい。

ドアとか、窓とかを、ただ、開けるだけ。

で、「はい、いってらっしゃーい!」って、見送る。

 

それが、いい。

 

 

 

私の目は、内側を向いている。

どこまでいっても。

 

おかげで、外の世界とどれくらいズレてるのか、ってのが、よくわからない。

 

自分のことは、自分の感覚では把握しているとしても、それが世の中の基準とか、規範とか、何らかの計測器にかけた時にどの値を示すのか…っていうことが、全然、わからない。

従って、「自分のことは全く把握できてない」ってことになる。

 

スゴイと言われても何がどうスゴイのか全くわからないし。

塾生の中では有名人ですよね、と言われても、「????」でしかない。

 

 

そんなでも、「あ、今なんか、この人表情変わった」って感じられる瞬間が、他のコミュニティにいる時よりも多く訪れる。

すると、なんかちょっと、人の役に立ってるような気分になれる。

 

私が「してあげてる」ことなんて、全く何一つなくて。

「なんかいい気分にしてもらってる」ことしか、ない。

 

 ま、たまにはムカつくこともあるけどね(笑)

そりゃ、人間だもの(笑)(笑)(笑)

 

 

とりあえず、私がなんで、このコミュニティにいると妙に楽しくて面白いのか。

その理由は、わかった。

 

かさこ教信者?

宗教なの?

そう思う?

もし、そう思うなら。

それは、あなたが、

「興味あるし、奥底では仲間になってみたい気がしているのだけど、自分が変わっちゃうかも知れないことが怖いから、宗教臭いという手垢のついた表現で遠ざけようとしてるだけ」

の、話だよ。

 

確かに、塾長以下、イカレてる人の集まりだけどね。

 

 

かさこ塾 – 好きを仕事にする大人塾。セルフブランディング&ブログ術実践編=かさこ塾の公式ホームページ

 

f:id:art-hiro-b:20161130024043j:plain

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。