読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

「いやいや、私なんて…」タイプの人ほど実行委員をやってみるべき理由

何か話を振られると、いつも「いやいや、わたしなんて…」とか「何もできませんから…」とか言ってささーっと、後ろに下がっていく。

そんな感じの人。

いますよね。

今どきっとした人、そうそう、アナタのことですよ。

 

そういう人ほど、一度はやったほうがいいと思うのが、何らかのイベントの実行委員。

 

そんなのとんでもない!

って、今思ったでしょ。

そういうアナタこそ、次はやってください。

 

理由は、たった一つです。

 

 

ナニモノにも代えがたい「経験値」…それも、ハンパない値が、得られるからです。

 

しかも、とても具体的な経験値です。

精神論だけじゃない。

実際のスキルがつきます。

 

 

 

どうして、今までの人生で「わたしなんて…」とか「何もできません…」とか言わなきゃならない状況になってるのか…って言ったら。

そういう時に、そんなことばっかり言って下がってきたからです。

 

やるのは確かに大変です。

けれど、特別な人にしかできないことなんて、一つもありません。

 

特殊なスキルが必要なことも、一つもありません。

 

一人でやるんじゃないし。

 

 

「お手伝いします」と、人の後ろにくっついて歩くだけじゃなくて。

一度くらいは、自分も仕切る側になっておいた方がいい。

後の人生に、必ず、よい経験になります。

 

損か得か、っていったら、得。

 

やらないで済ませてる人ほど、大変すぎ妄想を育ててます。

やってみれば、なんだできたじゃん、ってなる。

そして、同時に、全く思ってもみなかったことがわかる。

大変さも、想像妄想の大変さとは違う、実態のある苦労ができて、それは自分の経験値になります。

想像上の大変さは、不安以外には何に変わることもないですから。

 

 

 

 

f:id:art-hiro-b:20161128002226j:plain


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。