緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

一日の〆は、よい気分のまま閉めようじゃないですか♪

ちょっとムカついたことがあって、やさぐれ気味な記事をUPしたんですけど。

その直後に、そんなこともう完全にどうでもよくなる、めちゃくちゃラッキーなことが起こったので、なんかもう、ムカつくこととかは完全に、どうでもよくなりました(笑)

 

ゲンキンなもんです。

 

今日のブログをムカついたもので終わらせないぞ!

ってことで、ラッキーてんこもりでハイテンション状態のまま、これ書いてます。

 

一日の〆を、いい気分で終わる。

 

これ、大事。

 

  

アーモンドチョコが時々すごく食べたくなるんだけどね。

普通のは、甘すぎて苦手なのね。

ビターなのでも、甘いんだよね。

そしたら、レジ横の棚に、カカオ70%のアーモンドチョコが並んでて。

試しに買ってみたらさ、いい具合の甘さだったんすよ。

いやあ、もう少し甘くないのでもいいかな、って思うんで、カカオ80%くらいのがあったらもっといいな~とか思ったけど、それでも全然、具合良い♪

 

というのを思い出しながらの、ムカついた記憶を放出しよう…という今日の計画だったんだけど。

 

そんな規模のラッキーじゃない、マジもんのラッキーが来たのだ~!

 

 

 

北斎。

心の師匠。

先日、塗り絵シリーズに北斎のがあって、ちょっと買おうかなって思ったんだけど。

やめたんだよね。

だって、私は、あの「線」が欲しいのであって、線がもともと描いてあるところを塗るだけって、あんまり魅力的に感じなかったので。

他の浮世絵師…国芳とかだったら、もう少し興味持ったかもだけど。

 

 

北斎は、「葛飾北斎」と名乗ってたこともある通り、葛飾の人。

生涯で93回も引っ越した、っていうくらいの引っ越し魔だったそうだけど。

それでも、墨田からほとんど離れなかったんだって。

 

突然何を言ってるんだ…って話だけど。

 

今日の超ラッキーは、北斎に関わること。

 

 

先月、東京に行った時、宿を浅草に取った。

東京で唯一かも知れない「ここなら住んでもいいかも」という気がするところ。

北斎も、浅草寺にはよく出入りしてたとか。

っていうか、浅草寺の子院で亡くなってるんだ。

そして、北斎の墓所も、わりと近いところにある。

つーかさ、江戸の人なのに、身長180㎝とかあったらしい。

大男じゃん。

偏屈で奇行の多いジジイだったようなので、さぞかし妖怪っぽかったのだろうな…と、想像する。

 

後はもう、信州の小布施に行くだけだ。

来年には行こう。

ずっとそれ言い続けているから、ダンナも行く気になってるはずだし。

(ダンナは若い頃に八方睨み鳳凰図を見ている…うらやましい)

 

 

よし、このテンションのまま、気持ち良く就寝しよう。

 

夢は滅多なことでは見ないけど、もしかしたら、いい夢見るかも?!

 

https://www.instagram.com/p/BLhbNqBAg2c/

浅草寺雷門にて #浅草 #雷門

 

f:id:art-hiro-b:20161117235106j:plain

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。