緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

会いたいなと思う人がいても、声かけるタイミングって難しいよね

会ってしっかりじっくり話をしてみたいな、と思う人たちがいて。

少し前の私なら、その人が提供していることで「話す機会」に繋がりそうなメニューを購入して、会う機会を作っていた。

 

今はもう、そういう手段で会いたい人に会いたいとは思えなくなった。

 

けど、そうなると。

なかなか、きっかけって掴めない。

 

だいたい忙しい人が多い。

何の用もないのにお茶してくださいっていうのも、どうかなーとか。

思ってしまう。

 

個人で仕事している人は、自分の稼働時間を減らす=売上減なわけで。

以前のように、客として会うならそこは気にしなくていいとしても。

そうでないなら、相手の時間を拘束することは、そうそう気楽に言い出せない。

 

かといって、今はもう、客になって会おうとは思えない。

だって。

それは邪道だから。

 

会いたい+そのメニューが自分に必要=客になって会うのもアリ。

だけど、メニューが別に必要でないのなら、やはり、その手段は邪道だと今は思っている。

 

 

いつ、どうやってアピールするか、って、なかなか難しい。

 

だから、もし、私に声をかけてみたいんだけど、って思って迷ってる人がいるなら。

全然ウエルカムなので、いつでもどうぞ。


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。