緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

「こんな人だと思わなかった」の前にあるのは、自分の期待だけ

あなたが見ているワタシは幻想。

どんなに知ってると思っていても、それは本体とは違う。

 

ちょっと知ってるくらいなら、なおのこと。

 

自分の意に沿わぬ言動をした?

そんなの、あなたの勝手な決めゴト。

 

 

自分は人に気を遣っている、と公言する人ほど、身勝手を平気でやる。

 

「自分の思う気遣い」と、「人が願う気遣い」は、全く違うところにポイントがある。

 

 

具合が悪い時、私は声をかけてほしくない。

自分のことで手がいっぱいなのに、人の相手なんかしてられない。

放置しておいてほしい。

できれば部屋(家の中)にいてほしくもない。

…と、そんな風に日頃から思っている私と、具合が悪い時はとにかく側にいてほしいと願っている人とは、たぶん、「使ってほしい気」が、全く違う。

 

 

「どうしたの?具合悪いの?どこか痛いの?ねえ、どうしたの?熱は?保健室行く?」

うるせー、頼むからどっか行ってくれ。

話しかけんじゃねえー、相手させるなー!

 

そして、それは、どちらが良くてどちらは悪いとかいう性質の話ではない。

 

「せっかく気を遣って声かけたのに無視された!態度悪い!」

と、翌日クラスに広まってた…なんてことも、あった。

は?それ、私が悪いんかい?

こっちは具合が悪くてそれどころじゃなかったってのに。

その状態で、アンタの余計なお節介に気を遣えと?

 

 

でも、世の中って、そんなもんだ。

具合が悪そうな人に声をかけてやさしくしてあげる=良い行い

そこは確かに否定はしない。

だから、その子が悪いとも、言わない。

 

ただし、私には全く嬉しくなかった、というだけ。

 

その子が見ていたのは、「具合が悪そうな同級生」であって、この私ではない。

その子は、いい子だった。

困っている人をほっとけないタイプ。

好かれている子だった。

私だって嫌いじゃなかった。

ただ、私にとっては度が過ぎたお節介で、最悪の時に最悪の声のかけかたをしてきた…と。

それだけの話。

そして、非常事態にいる自分にとって、その子は「身勝手」そのものだった。

 

 

気を遣う、なんてことは。

十中八九、自分の中の思いでしかない。

 

気を遣わなくてもいい、と言ってるのではない。

 

気の遣い方や、遣い処は、決して一つではない、ってこと。

人によるってこと。

時と場合によるってこと。

 

つまり、「気を遣ったつもり」を受け入れてもらえなくても、怒るのは筋違い。

 

うまく適合すればラッキーくらいに思って、スルーされたり断られたりしても受け流す。

 

うまく適合する確率が高い人が、人から好かれたり信頼されたりするようになっていくのであって。

積み重ねていった、結果の話だ。

そういう人は数こなしているだけ、裏目に出ている経験もたくさんしているのだ。

だから、受け流すのも上手い。

 

 

人との距離の取り方は、難しい。

そんな風にも感じるけれど、結局は「どこまで人に期待をするか」の温度差だと思っていて。

そもそも、すれ違って当たり前なんだと思っていれば、別にどうってことはないじゃないか。

 

自分の意に沿わない行動を相手がしたからって、そのこと自体を怒る権利がそもそも、自分にあるのか。

お互いが認識している状態の約束事を片方が一方的に反故にした、というのなら怒っていいし、怒るべきだけど。

そうじゃない、単なる「こうしたら喜ぶかなあ」という期待以上のことがないのなら、期待外れだったからって怒るのは筋違い。

 

 

あなたの幻想は、あなたのものでしかなく。

相手のものではないのだ。

 

「こんな人だと思わなかった」の前には「こんな人であってほしい」という期待があった。

それだけの話だ。

 

 

f:id:art-hiro-b:20161113142007j:plain

いつか見た空。

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。