読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

格好は立派な看板 大勢の中にいてもすぐに見分けてもらうために心がけること

★龍 ★日々徒然

23日の京都フェスタで初披露となりました、新作務衣。

 

art-hiro-b.hatenablog.jp

 

 

カメラマンには事欠かないこのイベント。

着用中を撮っていただけました。

 

f:id:art-hiro-b:20161025233758j:plain

 

 

派手なのを描いた甲斐があり、看板の役割を十分果たした、新作務衣です。

たくさんの方から、背中の写真を撮らせてほしいと言われました。

 

会場の遠いところから、私をご紹介してくださる時に、この作務衣を目指すように伝えてくださった…というお話しもお聞きしました。

 

ここんとこ、人物の絵よりも龍の絵が多いし目立っていることもありまして。

かなり、「緋呂と言えば龍」が定着してきてます。

実際に、こういうので人前に出ることで、それが一層定着、強調されるわけですよ。

繰り返していくことで、いずれ、かさこ塾以外のところからでも「緋呂って龍の人だね」と認知されるようになれば、こっちのもの!

自分の努力の積み重ねを加えて、ゆくゆくは「龍といえば緋呂」にまで持ち込めるように、続けていくだけです。

 

 

 

 

新しい作務衣に、プロフィール画像もチェンジしなきゃね。

 

しかし、背中に描くのは描きやすくてよいのだけど。

プロフ写真のように、できればちゃんと前から撮ったのを使いたいなと思う時は、ビミョーですな。

今回のも、前から見ると左肩のところにちょろっと見えてるだけなので…。

 

 

ガマちゃん高瀬真理子さんの笑顔がめっちゃ良い一枚。

私は姿勢が悪いな…どこのババだ(笑)

f:id:art-hiro-b:20161025235147j:plain

 

 

こちらは、ワークショップにご参加くださった方が撮ってくださったもの。

前から見ると比較的地味、普通。

f:id:art-hiro-b:20161026000936j:plain

 

この作務衣を着て、自宅から京都まで行きました。

上着にデニムジャケットを着てましたけど、それも自分でペイントしてるヤツ。

懇親会もこのまま参加して、懇親会場まで10分ほどの道のり、京都の河原町という繁華街、このまま歩いたよ。

けど、京都はいいね~。

こういうの着てても別に変じゃないもんね。

 

 

この作務衣で、11/3にライブペイントの様子を撮影してもらいます。

動画も作っていただけるので、完成したらUPしますね!

 

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。