読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

そうだ、自分は「火を灯せ」を掲げているのだった…

やれることは、全部、どんなことでもやる。

目的を達成するためなら。

 

彼女はそう言った。

 

 

どんなことでも?

 

彼女は、やるだろう。

実際やってきたし、これからはもっと、徹底していくだろう。

 

 

人間の厚みは、年齢とは関係ない。

長く生きていても、ぺらっぺらのまんま…という人も多い。

10代のうちから、年配者以上の力をまとっている人もいる。

 

 

 

 

 

 

半世紀生きて、あと半月もすると、また1つカウンターが回る。

残りは、どれくらいあるのだろうか。

 

 

ここで語るわけにはいかない理由があるので、具体的なことは書かないけれど。

「もういいかな」って思っていた方面に関する、とある野心が、蠢き始めた。

 

そのジャンルに、私の席はもうないな…と、思っていた。

実際、今までの状況だったら、ないままだっただろう。

いや、今でも、席はない。

 

だけど。

席がもうない…というのは、半分は自分の心理的な壁のせいだ。

作ろうと働きかけていけば、隙間はできる。

 

まあね、確かに、そうかもだけど。

めんどうだし。

大変だし。

今困ってないし。

他にもやることあるし。

そこまで力入れる気になれないし。

グタグタしてた方が楽でいいし。

 

だから、別にいいじゃん、もう。

その席はない、ってことにしちゃえよ。

 

 

席はもうない、ということにして、終止符を打つ。

それで後悔しないのか…と思えば。

たぶん、しないと思う。

 

しないと思う…けれど。

空席を作れる隙が、「ここ」から作り出せるのじゃないか…と、そんな具体的な状況が生まれてきている今。

そこに突っ込んでいくのも一興か…と。

変則的なアプローチの仕方が、目の前に、可能性として出現している以上。

これを、このまま見逃す…ってのも。

 

おもしろく、ない。

 

面白くないなら、面白いようにする。

 

 

 

やる気とか、精進とか、努力するとか、がんばるとか。

そういうのは、今、いらない。

 

 

必要なのは…

 

この線をまたぐ、という行為のみ。

 

 

 

今更だけど、思い出しちゃった。

f:id:art-hiro-b:20160526230947j:plain

これを、私は、掲げているのだった。

「魂に 火を 灯せ」

 

だったら。

そんな自分が、メンドクサイとか、かったるいとか言って、自分の火消しをしてどうする、って話じゃん(笑)

 

こういうの、作ってる時はテンション上がってるから、勇ましいことも平気で言えるしやれるけど。

沈静化すると、大仰な表現に思えてくる。

 

でも、その時はもう、優位感覚は魂から思考に主導権が代わっている。

バランスを取ろうとする、思考。

負荷を減らそうとする、思考。

 

そんなことに、思考の力を使ってたら、もったいない。

 

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。