緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

神仏は見てるだけ。動くのはあなた自身以外にいません

問題解決したいのなら、動くしかない。

 

自分が動くのか、適切な人に動いてもらうよう動くか…の、どちらか。

 

問題を解決したい時に、神社仏閣に行くのはナンセンス。

いくらお賽銭入れようが、お布施しようが、ご祈祷受けようが、正式参拝しようが、解決などしない。

 

時には、その行為の過程で、糸口を掴む…というラッキーに恵まれるかも知れないけれど。

希なことで、基本、無いと思え。

 

第一、糸口をつかむ、という結果を得るためには、その前に動いていないと始まらない。

 

 

ああなったらいいな…と、思ってるだけではダメ。

どれほど信心深かろうが、なんかアヤシイ力があろうが、ダメなもんはダメ。

 

やることをやって。

神頼みは、その後。

 

やる前に行く神頼みは、決意表明であり、これから行うコトの加護を願うだけ。

 

そして、加護は、神前で願うだけ願ったら、すみやかに忘れること。

 

加護を期待して動きが滞れば、結果は惨敗が待ってるだけ。

 

 

間違っても、高額なお賽銭やお布施をして熱心に祈祷すれば全て解決する…なんて思っちゃいけない。

 

 

神は見てるよ。

あなたが、どうやって、それを解決していくのか、その行程を全部、見ている。

そして。

見てるだけ。

 

やるのは、あなた自身。

動くのは、あなた自身。

人を頼るとしても、頼るという行動をするのは、あなた自身。

 

 

f:id:art-hiro-b:20160914010023j:plain

 

 

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。