読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

お母さんの懐で安心して遊べた一日~大分中津かさこ塾フェスタの所感

★かさこ塾

 この続き…というか、補足?

art-hiro-b.hatenablog.jp

 

すでに次の動きが始まってしまってて、たった数日前のことなのに、ずっと前のことだったような気がしている、大分中津での一日。

 

とはいえ、私自身が11/26の名古屋フェスタ実行委員でもあるので、思ったことを記録しておくことにする。

すでに忘れてることもありそうだけど……今書いておけば、これ以上忘れることはないので。

 

 

f:id:art-hiro-b:20160906222958j:plain

 

 

 

まず、特筆すべきところは、「中津」というローカルな土地で「全国五カ所」のうちの一カ所が開かれたことだと思う。

というか、中津開催は、確か記憶では、東京・京都の次に決まったように思う。

というか、フェスタが地方開催されることが決まった時点で、ほぼ確定していた土地だと思う。

 

日本人なら、位置などはよくわからなくても名称は知っていると思われる京都、福岡、名古屋の中に並んで、「大分」をつけなかったらどこにあるのかわからない…という地方都市。

私が住んでいる愛西市みたいなもんだと思う。

(景色も似てた)

 

都市の一般的ネームバリューに全く関係なく、「かさこ塾内知名度」が異常に高いのが、大分中津。

 

 

塾長のかさこさんが、こんな投稿をして。

塾生のみなさんが、コメントつけている。

f:id:art-hiro-b:20160908235434p:plain

 

 

ああだこうだと語るよりも、こういうのを見る方がよっぽど、「大分中津スタッフさんが、いかに素晴らしかったか」わかると思う。

 

福岡は遊びにも行ってないので、よくわからないけれど。

東京も、主催メンバーのみなさんは、すごかった。

東京は、後続地域の「雛形」的な役割も持っていたから、大変さはひとしおだったと思う。

 

けれど…東京と中津。

地域カラーが、やっぱり、出る。

 

東京が「機能的でスタイリッシュな手際よさ」なら、大分中津は「お母さんの懐で遊ぶ」って感じ。

あくまでも私の主観的イメージだけど。

 

 

とにかく、「初めて来た気がしない」

アウエイ感、0%。

 

私なんて今回は出展者でもなくボランティアスタッフでもない、単なる遊び人だったのだけど。

そういう感じすらも全くなく。

一切の垣根を感じない、見事な一体感だった。

 

それだけ、迎えるみなさんの気持ちが、ひたすら歓迎の一点集中だったからなんじゃないかと思う。

 

 

懇親会の時、代表の方達が

「いつもFacebookとかで見ている<ヴァーチャルな人>が中津に来てくれている、というのが信じられない」

「そのことが、とにかく嬉しくて嬉しくて」

と、口々に言ってらっしゃった。

 

盛り上がってよかったね、とか。

つつがなく終えられてよかったね、とか。

いかなる種類であっても「自分たちの役目が果たせた」とか「フェスタとしての成功」を云々するのではなく、「中津という自分たちの土地に、各地から来てくれた」ということに対して一番の喜びを感じている…という人達。

 

 

ああ、こういうところが、この「お母さんの懐で遊ぶ」感じの源なんだろうな…とね。

改めて、この方達の凄さを、感じた。

 

 

この、Kのうちわ。

f:id:art-hiro-b:20160906223931j:plain

これも、実行委員の方が、「お世話になったから盛り上げたいと思って」と、自ら率先してたくさん作ってこられたモノだ。

しかも、全部、柄や装飾が違った。

同じモノを流れ作業的に作っているのではなく、本当に「ありがとう」と思いながら作って来られたんだな…というのを、すごく感じた。

 

それでなくても準備にはコマゴマしたことがたくさんある。

掲示物一つとっても、来場者に伝わりやすいものを工夫していると、時間なんかどれだけあったって足りない。

その中で、こういうことまで準備されているのだから。

いやもう…。

 

 

 

 

自分も名古屋の実行委員として、すでに動き始めている。

何を、どこまでやれるのか…と思った時。

今回、中津で感じたことを、名古屋チームなりに、活かしていかないと。

 

ああ…その前に京都の出展が待っていた……。

 

京都は10/23

f:id:art-hiro-b:20160909002212j:plain

 

名古屋は11/26

f:id:art-hiro-b:20160909002234j:plain

どちらも、あかり玉展示と、ミニひょうたんランプ作りワークショップで出展します!

 

 

 

 

 

 

 

フェスタとは関係ない余談。

火防陶器神社なる看板に掴まって、参拝してきた…ということも、冒頭に貼った記事には書いたけど。

そこから一週間と経ってない昨日、これからまた陶器作品ガッツリ取り組む流れが来ちゃいましたよ。

予感はしてたんだけどね。

そして、ちょっとご無沙汰してた名古屋の工房にも、そろそろまた顔だそうかな…なんて、思っちゃいたんだけどね。

ただ、予想していた以上のガッツリ具合で、マトモに取り組むことになったんっすよ。

いやまあ、そんなもんだよね、流れというのは。

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。