読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

追記★私の中の三色鬼 不思議だけど不思議じゃない わからないけど、わかっちゃう…という話

★見えないセカイ

マーヤラジャ先生、奄海るか先生、香先生、それから、碧乃先生。

存じ上げているのはこの4先生。

何が…と言うと。

 

自分の中にいて、自分を助けてくれる存在としての龍、鬼

 

という、ちょっと不思議なものとの、繋ぎを取ってくださるワークを、提供されていました。

 

まあ、そのワークの詳しいことは、記事末にリンク貼っておきますのでご参照ください。

(すでに実施期間は終わっていて、次の機会は来年?のようです)

 

 

私は、眠れる龍のワークは、受けられませんでした。

最初のうちは、あまり関心がなく(理由は後述)

いざ、やってもらおうかなと思った時には、すでに何度目かの追加募集の時期に入ってて、それも逃した…という。

 

でも、鬼は受けました。

これも、理由は後述。

 

 

繋いでいただいた時は、鬼さん達のことは、色と足元しかわからなかったのですが。

その後いろいろあって。

うちの三鬼、こんな感じ。

 

f:id:art-hiro-b:20160812225845j:plain

 

 

まあ…人によって、いろんな感知の仕方がある(と思う)んだけど。

私は、描くことでハッキリします。

逆に言うと、それやらないと、ぼやんとしたまま。

なので、ワーク受けた時には足元しか見えなかった。

 

絵の通り、元気のいいのは赤の紅鬼(こうき)。

青の蒼鬼(そうき)はでかくて物静か。

黄の黄鬼(おうき)は、やや気難しくて拗ねやすい。

 

 

 私は痛く中二病をこじらしてる感満載のババなので、こういう妄想は楽しい。

そんで、こいつらに、仕事を言いつける、というシチュエーションがまた、楽しいwww

 

紅鬼は火の玉小僧よろしく、カッ飛んで行く。

蒼鬼は黙って黙々と堅実に動く。

黄鬼は頼み方間違えると拗ねるけど、やることは丁寧。

 

 

…と、まあ、こんな妄想をしているさなかに、香先生から「カードで鬼の状態をチェック」というメニューがアナウンスされた。

すかさず、申し込んだっすよ。

 

帰ってきた返信を、まず鬼のところだけ、全文掲載。

 

【鬼】

状態 33:楽しむ

お仕事がんばってる!!という様子です。
鬼は、指示がないと動けません。
お仕事を与えることは、鬼にとっては、まさに楽しいことであるようです。

 

アドバイス 13:学びを楽しむ

こちらも、龍と同じカードがでました。
しかし、おそらく学びの種類が違います。
こちらは、鬼への指示の方法を学ぶという事のようです。
鬼の受け入れ態勢・行動力はすでに準備万端です。
あなたが望むモノ(状況)を手に入れるために、いかに的確に指示を出せるかを考えましょう。

もしも、失敗した(指示不足など)と思っても、もう一度、正確に指示を出せばいいのです。
それを繰り返すことで、あなたも鬼も意思の疎通ができてきます。
そのための繰り返しが、楽しみながら行えることが、その意思疎通の近道なのでしょう。

 

これを見て、よし、もっとこきつかってやろう、と思ったのは言うまでもない。

 

そして…今日一つ、気がついたことがある。

 

鬼繋ぎのワークを受けたのは、6月20日の午後だった。

 

そして、最初の「仕事」として、こういうのを、依頼した。

 

「これから先の動きをスムーズにしたい。障害になるものをどかして」

 

そしたら。

何が起こったか…というと。

 

その数日後に、とある事件が起きた。

詳しいことは、こんなところには書けないのだけども。

とにかく、一つの事件が起き、隠れていた…というか、押しとどめていた問題がぶわっと、表面化してきた。

そして、その1ヶ月後。

問題はあっけなく、私の行く道から、姿を消した。

 

もちろん、現実に私自身も動いている。

 

が、問題が姿を消したのは、問題の方からだった。

気がついたら、消えてた。

おおぅ。

 

日付の符号に気がついて、びっくりしたよ。

だって、その時までは、この一件はもっと先まで、上がり下がりはあっても横ばいの現状維持で、どうにかバランスを取りつつやっていくのかな…って、思っていたんだよ。

それが、問題の方から動いてきて、去って行った。

私は、びっくりしながらも、お見送り。

その後になって、めちゃくちゃホッとしたってことを、実感した。

 

ああ、よかった。

 

で、同じような状況が、実はいっぺんに二つ、重なっていて。

どっちも、なんだか似たようなタイミングで、似たような感じで、私が動かなくても向こうからの動きで、解消していった。

 

もう、こういうことは。

せっかく、こんな楽しい妄想を手に入れたからには。

 

「おにちゃんず」のおかげだ、ということに、しておこうじゃないですか。

 

ふっふっふ。

 

 

あ…龍の話は、また別にね。

 

 

 

今回状態チェックしていただいた、香先生の記事

quinzenits.cart.fc2.com

 

 

これらのワークの元、マーヤラジャ先生のブログ

treneseteemayard.doorblog.jp

 

奄海るか先生のブログ

blog.enjyudou.com

 

 

碧乃先生のブログ

そらのひかり

 

 

鬼繋ぎ、龍覚醒の各ワークは、すでに施術期間を終了しています。

treneseteemayard.doorblog.jp

 

 

 

ちょっと不思議だけど、でも別に不思議じゃない。

わからないけど、なんか、わかっちゃう部分もある…と。

そんな世界のお話しです。

 

 

 

【追記】

この後………「鬼は通常、一人の中に一人」ということを、教えていただきました…。

なんと…

三鬼大権現(時眉鬼神・追帳鬼神・魔羅鬼神)
この方々は、福徳・知恵・降伏の力を持っています。

【龍鬼神講座では何が学べるのか・・その3】 : 薔薇と魔法と言魂と~トゥリニセッテ

 

と、あって。

さらに…

 

この時に、三鬼大権現という存在をお話したところ、3人いるのだと思われ方が少なくなかったみたいですね。

【龍鬼神講座では何が学べるのか・・その3】 : 薔薇と魔法と言魂と~トゥリニセッテ

 

……はい、思ってました。

三人いるって思ってた。

で、そのまんまだったので、普通誰でも三人なんだと、何の不思議にも思わずにいましたよ…(^_^;)

レアケースだったらしいです。

くわしくは、マーヤラジャ先生のこちらの記事でどうぞ……

treneseteemayard.doorblog.jp


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。