緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

芙弥佳先生の「エネルギー似顔絵」 縄と剣の派手な“護法童子”風味少年

水墨画の手ほどきをしていただいた、田中芙弥佳先生に、似顔絵を描いていただきました。

 

似顔絵、と言っても。

芙弥佳先生のは、リアルな顔を描くのではなくて、芙弥佳先生が感じるエネルギーを描く、リーディング絵です。

 

私も天使メインの頃に中心メニューでやっていたことがあるので、描いていただきながらの会話が、「ああ、うんうん」「わかる~」という感じで、ちょっと懐かしかったです。

 

できあがったのは、こちら。

f:id:art-hiro-b:20160810220843j:plain

 

 

画仙紙の色紙に、墨と顔彩で描かれてます。

 

最初に「童子かな?」と始まったのですが。

進むにしたがって、「童子というより、中学生くらい?」に変わった…というか、はっきりしてきたらそうだった、と。

男の子だと。

 

で、縄と剣。

 

神道よりですねえ………でも龍かな………??」

「ああ、そこは、そんなに厳密にこだわらず、どっちでもいい、ということらしいですね」

「勾玉の色指定がすごいハッキリ来ましたよ…緑ですね~。緑というか、鮮やかな青緑」

「うわー、飾りが華やかですねー」

「剣の、柄の材質は石…じゃなくて木ですね。ああ、でも、色が……」

 

まあ、そんな感じで。

描きながら、読みながら、会話しながら…で、進みます。

 

ああ、懐かしいこの感じ。

なんか、また私も、やりたくなってきちゃう(笑)

(すぐ人に影響されるwww)

 

ってことで。

ちょっと、今までと変えて、今の私らしい内容に組み替えたらどうなるか…っていうのを、試してみようかな~なんて、検討中。

 

 

というのは、いいとして。

 

描き終わって、芙弥佳先生のお言葉。

 

「すごい、風を起こす人ですね。そよ風とか、ほのぼのした穏やか~なのじゃなく、ゴーゴー音がするような、大風」

「少し、奥ゆかしい…というか、もっと出してもいいんじゃないですか?」

 

だ、そうですよ。

 

…出してないのかな?

そんなつもりでもないけど。

 

 

目の縁にがっつり、赤の隈取りを入れながら

「なんだろう、これ、ものすごいハッキリした色を入れたくなりました」

と、おっしゃってたのですが。

 

見ている私本人は、思わずニヤ~っと。

 

だってねえ。

入れたくなるんですよ、私。

自分の絵に。

赤い隈取りをね。

龍描いてても、つい、入れちゃうんですよ。

こんな感じで。

https://www.instagram.com/p/BGxwvMjJiYZ/

これが初期値色 #zenbrush #dragon #illustration #art #drowing #sumie #龍 #墨絵 #イラスト

 

 

こちらは、陰陽で対の絵ですが、上の陽の龍に、がっつり隈取り入ってます。

https://www.instagram.com/p/BAgyzt4JicF/

陰陽龍画  #art #dragon #pastel #illustration #パステル #龍

 

 

これは、昔描いた雷神。

f:id:art-hiro-b:20160810222629j:plain

 

 

まあ…なんというか。

こういうのは、リーディング系の絵描きあるある話…では、あります。

 

 護法童子については、こちらご参照を。

護法善神 - Wikipedia

 

 

 

 

私、定期的に、鑑定を受けることにしています。

占い(運気鑑定)の場合もあれば、内面的アプローチを主体としたカードセッション(インナーチャイルドカードみたいな)の場合もあれば、チャネリング系の場合もあれば。

時に、こうして、他の絵描きさんに描いていただくってことも、します。

その時々で、コレと思った手法で、自己チェックのサポートをしてもらう、っていう感覚です。

 

今回も、ここ最近で感じ方考え方が大きく変わって来て、同時に交友関係などにも変化が出ているので、チェックしたいと思ってました。

 

 

田中芙弥佳先生のサイトは、こちら。

fumikaya.web.fc2.com

 

とってもチャーミングで癒し系な方です。

絵はパワフルで、ディープな世界観。

自分の絵が天使から神へ変わって、もう少し重みを加えたくなったな、という時に芙弥佳先生の作品を拝見し、「おおっ」と思って。

よく見てみたら、名古屋の方だった…しかも水墨画教室やってる!

ということで、連絡とって、個別に教えていただいたり、しました。

最近では、各地で百貨店イベントに出店されたり、お寺に滞在しての創作活動をされたり…と、多方面でご活躍中です。

 

また、「そこにいるだけでヒーリング」と言われている通りの方なので。

これからは、ヨガなど体へアプローチする手法も力を入れていきたいとのことでした。

ますます、楽しみな方です。

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。