緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

【イラッとする時】 話を強奪していくヤツ

------- ケース1 ----------------------------- 

A「打ち合わせうまくいった~!」

B「わぁ、よかったね~!がんばってたもんね~!先方、どんな反応だった?」

A「えっとね…」

C「アタシも今朝、新しい仕事の依頼来たけどね!」

A、B「は?」

C「なんかさ~今回の仕事さ~(蕩々と語り始める)」

 

話させろや-----!

オマエの話なんか今どうでもええんじゃ----!!

 

 

 

 ------ ケース2 ------------------------------ 

A「(作品を説明しようとする)こちらは…」

お客さん「あっ、これ知ってるし。前にやってたことあるし」

C「ああ、これね、よくあるよねこういうのって(←Aの知人)」

 

 

ああ、そうですか、そうですか。

どうせ珍しくもなんともない、どうでもいいシロモノですとも。

つか、てめえ何を同調してんだよ!てめえが言うことじゃねえだろ(怒)

 

 

 

 

------- ケース3 ----------------------------- 

A「この前会ったあの人、面白い人だったね~!」

B「うんうん、なんか、変わったことイロイロやってるよね」

C「うちはもっと、○○で▽▽だけどね。そんなの日常のことで、特別でもないからさ」

A、B「…………」

 

 

知らねえよ、あんたん家ことなんか!

あんたんとこの事例は世界ルールなのかって!

 

 

 

------- ケース4 ----------------------------- 

A「○○さんちのお子さんが幼稚園でこれ作ったんだって~」

B「おお、すごいね。センスあるね~!」

C「うちの子、幼稚園前だけどもう**なんてマスターしてるし。天才疑惑出て参っちゃう~」

 

 

いや、今そんな話してませんから!

なんでもかんでも自分とこの話に持って行くのやめてくれません?(怒)

 

 

 

 

こういう会話が続くと、つきあいを考えたくなるわけです。

いやあ、こういうこと、よく起きた。

話をしたい時に、させてもらえないストレス、想像できんのかねアンタらには?!

自分スゴイ自慢も、身内スゴイ自慢も、微笑ましいレベルを越えたら、うっとおしいし痛いだけです。

少なくとも、人が「今したい話」を切り出した途端に強奪するのは、やめてくれ。

ある程度終わるまでは、話させろや。

 

そして、そういう人に限って、自分は空気読めると思ってて、それを公言してはばからないのだ。

 

 

 

 

まあ、私は空気読めないけどね。

読まないとも言うけどね。

 

 

 


 

私の大好きな、旅するイラストレーターこまつきょうこさん、って方がいらっしゃいまして。

彼女が、「あるある図鑑」っていう記事を書いてらっしゃるのですよ。

イラスト入りで、すんごい、いいの。

 

kyokokmt.exblog.jp

 

私は、なんか、その系統のイラストって得意じゃナイので、今回の記事にも絵は入れなかったんだけど。

こまつさんのは、内容もいいけど、絵もいいんだよね~。

ぜひ、チェックしてみてください(^^)

 

 

 

f:id:art-hiro-b:20160728214003j:plain


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。