読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

受け取ることが最大のすべきこと グズグズと自分卑下が止まらない人へ

★考え方・感じ方 ★好きに生きよう道

とにかく、クチを開けば「私なんかが」とか「何も動けてないから」とか「迷惑かかるといけないし」とか。

 

やめろっての。

 

相手が、そんなの気にしなくていいから、って言ってるのに。

 

でも、だって、やっぱりそんなの…と。

 

もう、やめろって。

 

ホント。

本気で、やめろって。

 

 

気を遣ってるつもりかも知れないけど。

使うところ、違うから。

 

こんな自分じゃ、そこまでしてもらえない…

とか、そんなこと言ってたら、一生かかっても「受け取れる自分」になんか、ならんわ。

 

だって、自分から、そうなれないように己をコントロールしているんだから。

なるわけないわ。

 

そういうのが、あんまり過剰だと、余計にウザイから。

受け取って欲しくて差し出してる、相手のその思いを無碍にするのも、たいがいにしろっての。

 

 

もらうもんは、もらっとけ。

素直に、もらえ。

 

やってくれると言ってることは、やってもらえ。

素直に、やってもらっとけ。

 

会いに行きたいなら、行け。

ごちゃごちゃ言い訳してんじゃねえ。

 

いつまで、その堂々巡りを繰り返す?

永久に、「もっと自分ができるようになったら」なんて、そんな日は来ないよ。

だって、「今できること」すら、してないんだからさ。

 

今できることは、「はい、どうぞ」と言ってる人が差し出してくれてるものを、四の五の言わずにもらうことだ。

 

こんな自分が…とか、関係ない。

 

 

それは、その人がキミに取っておいてもらいたいと願っている、キミのための種なんだから。

育てるのは自分なんだから。

それは、自分しかできない、自分だけの役目なんだから。

 

その人は、種を渡すことまでしか、どうやったって、できないんだから。

 

千年の時を超えて発芽した古代のハスのように、いつ芽吹くかなんかわからないけど、そんなの構わない。

 

その種を受け取ることが、今、キミができる最大のことで、最大の感謝を示す手段だ。

 

 

 

f:id:art-hiro-b:20160728002224j:plain

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。