読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

マイルストーン的役割の作品展 初日前夜に書いた記事を今公開

これを書いているのは、4人展の前夜である。

いろんなことを、考えながら、スタート前の気分をメモしておく。

 

この展示会は、様々な意味で、私の「一区切り」となるイベントだと思う。

あかり玉を、あかり玉として展示する初の作品展だし。

 

それに、たぶん、こういうスタイルで他の誰かと合同展をやるのは、当分ないだろう。

 

もしかしたら、これが最後になるかも知れない…という気もする。

 

 

この展示会を企画したのは、昨年の終盤のこと。

具体的になったのは年が明けてからだ。

だが、そこからの数ヶ月のうちに、私の中の様々な事柄が変化した。

 

大きかったのは、「異界絵師道案内」と銘打ったセルフマガジンを作ったことだ。

あの過程で起こった様々な出来事や、考え抜いて結論を出してきたことが、いかに大きなものだったか…というのを、今更のように感じている。

 

 

art-hiro-b.hatenablog.jp

 

 

初回印刷800部が届いた時の画像。

f:id:art-hiro-b:20160522003910j:plain

 

 

これを作るのと前後して、「異界絵師」という肩書きについても、熟考した。

私が思う神や仏や龍の世界というのは、決して「異世界」ではない。

この人間の世界も、その中に含まれるものであり。

別のものではない。

だから、「異界絵師」の異界のところを、何か他の言葉に替えたい…と、ずっと思っていた。

が、それも、熟考の末、据え置くことにした。

 

少なくとも、リアルな人間の三次元的な世界を描くのが題材ではない、ということは、異界という単語で端的に表現できる…というのが、その結論に至った大きな理由だ。

 

 

肩書き、自分案内、そして名刺。

これらを作るための試行錯誤の過程で、私が今まで抱えてきた、自分の中の「収まりが悪かったところ」が、次々、居場所を定めていった。

私と絵の関係性、私と神の関係性。

そういった、「私がこの道を往くにあたって、なかなか呑み込めなかったこと」が、驚く程に次々と、納まるべきところに納まった。

 

そして、その結果。

今までの自分なら興味を持っただろうこと、モノ、人。

そこに興味がなくなっていき。

こだわったであろうことが、全くどうでもよくなり。

見過ごすことができなかった違和感ですらも、どうでもよくなり。

 

同時に、自分の集中するべきところは、ハッキリしてきた。

 

 

色んな画材、素材を使って、いろんな手法で表現する。

それが、自分ならではのやり方だと、思って来た。

複合技を編み出すしかない…と、思って来た。

 

けれど、今は。

複合技を編み出す、ということに気を取られる必要は全くない…と、思っている。

 

そんなこと、必死にならなくても。

勝手に、そうなる。

なるようになる。

 

もはや、私には「そこに執着する必要がない」やり方というのが、できてしまった。

執着する必要がないと、わかってしまった。

 

もう、底引き網漁を繰り返す必要はない。

これからは、一本釣りだ。

 

 

楽しみのために底引き網をやるのはいいけど。

執着したり、必死になる必要は、全くない。

それは、私の役目じゃない。

 

私は、私の龍を泳がせる場所を、どうやら間違って想定していた。

 

そのことが、ものすごくハッキリとわかった時があった。

考えを重ねてきたこと、感情を吟味したこと、それによって整理されてきた自分ってものを経て。

あの時…あの、モノトーンの世界の中で。

ああ、もう自分は、そこに力を入れる必要はないんだ…と、わかった瞬間。

砂に水が染みこむような…というのは、ああいう感じを指すのかも知れない。

 

 

 

 

今回の作品展は、それらのことが起こる以前に企画が始まり。

初日を迎える前に、全て、片付いた…納まるところへ納まった。

その、前後を記憶しておくにはちょうど良い、マイルストーン的なイベントになるだろう。

 

 

さて。

初日前夜の私は、そんな気分。

 

ここから一週間、どういう思いで、過ごすことになるだろうか。

楽しみだ。

 

一旦、終了→公開は後日。

 

 

 

 

 


 

と、上の行までは7月20日の夜に書いたもの。

無修正でUP。

 

展示会が始まって、来て下さる方と、お話しする中。

特に、「あかり玉を見に来ました」と言って下さった方々が来てくださったことは、とても大きかった。

 

私自身の中の、「己の、世界に対する役割」というところに、旗が立った気分。

 

あかり玉に行き着くまでの紆余曲折も、全て、今までとは少し違った意味を持って、振り返ることができるようになってきた…と感じてる。

 

最終日まで全て終えたら、また、改めて、その時の所感を書こう。

 

f:id:art-hiro-b:20160725005738j:plain


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。