読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

構って欲しいだけの人に自分の時間や労力を奪われないためのたった一つの方法

★考え方・感じ方 ★好きに生きよう道

関わらないこと、これしかない。

 

構ってくれる人だと認識させないこと。

気がついたら、できるだけ目立たないように消えること。

 

 

かまってほしくてしかたない人に関わると、最初はよくても、どんどん、面倒なことになっていく。

今まで何度も経験してきた。

周囲でも、それで困惑~ブチ切れな人達を見てきた。

 

 

彼・彼女らの怖いところは、かまってもらうためならば己を人身御供に差し出すことも厭わないことだ。

 

悲劇の主人公を演じるためなら。

不幸自慢のためなら。

一般的には、とてもじゃないが「自慢にならん」ことですら、彼・彼女にとっては、自分に関心を向けるための材料になる。

 

理由はどんなことでもいいのだ。

 

それをデカデカとプラカードに書いて「自分ってこんなに○○なの」と、アピールすることができるなら。

普通ならみっともないとか恥ずかしいとか感じるようなことでも、構わない。

強力アピールのためなら、話を盛るとか、火の無いところに煙を上げるなんて、朝飯前。

 

どういう見方をしたらそういう解釈になるのか…と思うようなことを、平気で言う。

 

 

そして、彼・彼女らは、迫真の演技力にモノを言わせ…

というよりは、本人にとってはそれは「事実」であるのだから…

完全な捏造であっても、本当にあったことのように、事情を知らない他人には、映ってしまうのだ。

 

そして、「なかったという証明」は、できない。

 

 

こわいこわい。

 

 

自分はいつも被害者なのは間違いない。

決して、構ってちゃんなんかじゃない。

構って欲しがる人達に群がられて困ってるのは自分の方。

…そんなことを信じ込んでる人ほど、実は真性構ってちゃんである確率が高い。

 

 

今、自分の身近にいるアノ人、コノ人は、もしかしたらそうかも…っていう気がしているあなた。

その予感は、おそらく、正しい。

すみやかなフェードアウトをオススメする。

自分の本来の人生を漫喫するためには、彼・彼女らにかかずらって無駄にする時間は、もったいない。

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。