読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

うまくいきはじめると否定にかかる友人…というのは友人ではない

家族がつけっぱなしにしていったテレビから流れてきた話。

ダイエットして10数キロ落とした、という女性が、

「ダイエットに成功して初めて気づいたこと」

として挙げていたのが、

「友達が危険」

という話だった。

 

 

まあ、普通に考えて、しょっちゅう飲み会やらランチやら、女性ならケーキバイキングやら…に誘われていると、なかなか食事制限は難しいとは思う。

 

が、その「友達が危険」の理由は、

 

「最初は応援してくれるのに、一定の成果が出てくると、みんなが急に邪魔をしてくる」

 

というものだった。

 

「それ以上痩せたらかえってよくないよ」

「前の方が可愛かった」

「前の方がキレイだった」

と、否定にかかる…という話。

 

 

これ、いわゆる、「夢を語る人に冷や水ぶっかける」ドリームキラーと同じ話だ。

 

身近な人がうまくいきそうになると、引き戻しにかかる。

負の連鎖に掴まりたくなかったら、その人間関係からは退く方が賢明だ。

 

この事例の方は、「ダイエットに成功して初めて気がついた」と語っていた。

つまり、彼女は、その負の連鎖関係からの脱出に成功した、ってことだ。

それが一番、めでたいし、重要な成功なんじゃないだろうか。

 

 

 

どんなことでも、うまくいきはじめると急に態度を変えて否定にかかる(以前の状態に戻そうとする)のは、友人じゃない。

単に、「似たような状況にいる人を身近に置きたい」だけの相手だから、遠慮無く手を切るがよし。

 

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。