緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

自分の時間とエネルギーを嫌いな相手に裂くのはアホらしい…という話

それは、私がやることじゃない…と、思ったことは、やらないに限る。

 

こういうのはどうかと思う…とか。

なんか、いろいろと、正論らしきことを連ねてもきたけれど。

そんなのは、単なる一面から見た一角でしかなくて。

人には人の真実があり、言い分もある。

仮に、それがどれほど「人としてどうか」って感じることであったとしても。

そう感じるのは、自分の感覚や価値観の範囲内でのことでしかない。

そういう諸々のことを普通にやっている…あるいは、無理してやっているとしても。

やれている、ということは、その人には、その時点ではその行動に対しての何らかの意義なり、理由なり、必要性なりが、あるのだ。

 

じゃあ、それでいいじゃないか。

 

もし、それが本当に、天の目からも「外れている」のなら。

 

塵のような一個人が云々するよりも、遙かに大きくて抵抗のしようがない「鉄槌」が、天から下される。

 

それでいいじゃないか、と、思う。

 

 

スピ業界には、いろんな人がいて。

いろんなやり方がある。

 

そんなの、イチイチ、目を光らせてる余裕ないし。

私だってそうそう、大したことできないし、間違ったこともやってるかも知れないし。

 

自分では、「あいつらと一緒にされたくない」とか思ってたって。

もっと外側にいる人達から見れば、どっちも大差ないよ…なんて、話かも知れないし。

 

 

ただ、言えるのは。

自分の時間は限られている。

その貴重な資源を、嫌いな連中、関心の持てない連中、相容れない連中のこと考えるのに費やすって、アホらしいじゃん。

そいつらのこと考えて、見てはイライラして怒ってるのは無駄だと思う。

 

そこから離れられない時期が私もあったけど。

そんな時間もエネルギーも、もったいない。

 

 

もっとも、それを楽しんでいるのなら、そのまま続ければいいと思う。

止めない。

 

私は、自分からはもう、そういうところには裂かない、っていうだけの話。

 

 

いろいろなことを(批判や揶揄であったとしても)その相手のために思う…っていう状態は。

こんな風に「ああもう勝手に何でもやってろ」とポイするよりも、ずっと、優しい対応だなとは、思います。

 

 

【関連記事】

回転扉を通ったら、凪の空間だった… - 緋呂の異界絵師通信


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。