読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

「本気」という言葉の景色は、どう違う?

本気

って、何だろう。

 

本気

って、どこを、どのようにして見た時に、本気だと思えるのだろう。

 

他人が、誰かに、「本気になれよ」と言うとして。

でも、言われた本人は十分本気のつもりでいる…と。

 

そんなことは、世にザラにある話。

 

言われた方は、どうしてそう言われるのか、よくわからない。

 

言う方も、その段階ではわからないであろうことは、おおよそ想定している場合が多い。

 

一体、何をどう見て、「あいつはまだ本気じゃない」と、感じるのか。

 

 

私も、時々、本人は本気のつもりだろうけど、まだ違うな…なんて。

エラそうなことを、思う時がある。

 

そして、逆にそれを言われたことも、ある。

もちろん、言われた自分は、十分本気出しているつもり…の時だ。

 

言う方は、理由は言わない。

言われた方は、聞けたとしても、理解できないか、違った解釈に無理矢理納めようとする。

そういうものだ。

 

 

私の「本気」と、あなたの「本気」は、果たして…同じモノを指しているのか?

 

高層ビルの1階と最上階は、同じ位置にあっても高度が違い過ぎて、見る景色も見ることができる景色も、全く違う。

 

きっと、両者の使う言葉は、それくらいに、違ったものを内包しているのだ。

 

 

それは、同じ言語を使っていても、全然様相の違う…噛み合わない世界。

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。