緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

頭を使うってどういうこと?何も出てこないけど、今とても楽で快調

頭を使う…って、どういうことなんだろう。

 

よく使われる言葉だけど。

それ、一体、どういうことを指しているのだろう。

 

 

昔…思考とは、己の中に蓄積してきたデータベースの照合だ…みたいな感覚だった時代があった。

 

今や、あれは一体誰だったんだろう、と本人が不思議で仕方ない感じなんだけど。

 

けれど、年数にしてみれば、それほど遠くない昔には、実際にそうだったことが、あった。

 

けれど、懐かしい…という気すらしない。

 

 

老賢者が理想だった。

今も、まあ基本はそうだけど、「賢者」でなくても全然いい。

もはや、使う頭がどこにあるのかすら、よくわからなくなってるし。

 

今にして思えば、あの頃の思考ベースは、外部ユニットだったのかも知れない。

いろいろと工夫して作ってきた、鎧の一部とでもいうのか。

 

 

これは、まだつい最近のことだけど。

複数の人から、「もっとどんどん、ぶっちゃけて」みたいなことを言われた。

思ってることを、ガンガン書いてほしい、って。

その時は、「おお、そうなのか。じゃあ書くか」とか、思ったけど。

 

…書く事が、ない。

 

 

 

湯水のごとく湧き出る長文、というものが。

ここのところ、ついに、枯渇したように思えるくらい。

なにも、出てこない。

 

まさかこんな日が来るなんてね(笑)

 

 

ある人が、「それは、今まで住んでいた世界から離れたからだ」と、言った。

 

言いたいことが山程あって、次から次へと出てきていた頃に住んでいた世界。

そこから離れたら、それまでのような思いは出てこなくなって、当たり前。

 

離れて、次の世界に着地するまでは、どっちつかずだし。

自分の感覚は、古い馴染みの世界にまだ居るつもりでいるのに、呼吸している空気すらも、もうすでに違ったものになっていて。

当然のように、今までの世界で燃料になってくれた成分は、新しい世界には無いか、あっても役割が違ってて。

 

 

データベース照合ユニットは、もう、切り離してきてしまった。

それは、わかる。

原始的なところしか残ってないので、昔のように知識も引き出せない。

 

かといって、絵だって、自分の中から湧き出てくるものを描いてる人間じゃないので。

思想を描いてきたわけでもないし。

文章で出来ないなら、絵で出せばいい、っていう話でもない。

 

そもそも。

出したいものが、何も、出てこないのだから。

 

 

 

ここ最近は、人の記事も読む気になれなくて。

SNSの投稿なんかも、ほんとに、チラチラとしか見てない。

読んで考える気にもなれない。

 

でも。

今のこの状態は、すこぶる、楽で快適だ。

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。