緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

iPadPro9.7とApplePencilを1日がっつり使ってみた所感のメモ

iPadPro9.7とApplePencilを、1日がっつり使ってみた感想。

  1. バッテリー保ちは思ったより良好。
  2. カーソル移動の微調整はペンがあればかなりマシ。
  3. ApplePencilは携帯にやや困る。
  4. ApplePencilは部品管理が不安。
  5. キーボードは欲しい。
  6. お絵描きツールとしては慣れと工夫でかなり使える。
  7. ブログ書きには、やや難点あり。 

 

ってことで、順番にメモ。

 

1.バッテリー保ちは思ったより良好。

昨日、ほぼ一日丸っと、ネット閲覧からブログなどのテキスト作成、お絵描きツールをあれこれ試す…みたいな感じで、使いっぱなしだったのだけど、夜まで充電しなおさなくてもOKでした。

最終的に、深夜1時過ぎ頃にケーブルに繋いだ時、残量25%。

この感じなら、外出の時も一日くらいは保ちそう。

ただし、カメラや動画を使ってないので、それやると、やっぱり途中で充電は必要になるかも。

 

 

Pencilのバッテリー状況は、iPadProで確認できます。

ペアリング後は、挿さなくても電池残量が確認できるので、これは有り難い。

f:id:art-hiro-b:20160607131548j:plain

 

2.カーソル移動の微調整はペンがあればかなりマシ。

尖端の細いペン先で動かす、っていうだけで、そこそこカーソルのコントロールはマシになる…んだねえ。

これも、画面サイズがある程度大きいから、ではある。

 

 

3.ApplePencilは携帯にやや困る。

そこらへんのテキトーに買って来たスタイラスペンならまだしも…。

挿すだけのペンホルダーには、ちょっと、入れて持ち歩きたくない。

けれど、普通の鉛筆とほぼ同じ太さ長さがあるので、ポケットに挿しておくというのも、できない感じ。

フックなどは全くついてないので(そこらへんはApple製品だよね…)ペン以外の装備が必要になる。

iPadケースを買うとき、ペンホルダーのついているタイプがあったのだが、普通の手帳のホルダーみたいなもので、単に差し込む場所がついているだけ、という感じで。

それくらいなら、この子用のペンケースを用意した方がいいな…という感じ。

 

が、この件については、思いがけず朗報が入ってきたので、後日追加で書きます。

 

 

4.ApplePencilは部品管理が不安。

これが一番、怖いところです。

Pencilの充電は、本体に挿すか、iPadの充電ケーブルにコネクタつけて挿すか…の、2通り。

 

本体に挿すと…こうなる。

f:id:art-hiro-b:20160607131504j:plain

ちょっと触ったら壊しそうで、なんとも、怖い……。

すぐケーブル接続にかえたのだけど。

 

 

こういう、細かい部品がね…。

上にある丸い頭のものが、Pencilのキャップ。

真ん中が、接続コネクタ

下の左が、キャップを外した状態のPencil。

右が、充電ケーブル。

f:id:art-hiro-b:20160607131516j:plain

 

まず、Pencilからキャップを外す段階で、その処置に困る。

すぐにはめ直せるわけではないので、うっかりすると行方不明になりそう。

私のように、手から離したらどっかいっちゃう系の人間には、非常に、これはキケン。

 

で、キャップを外したら、間にコネクタを挟んで、充電ケーブルと接続する。

さあ…充電が終わったら、このコネクタをどうすりゃ…が、また発生。

ケーブルにくっつけておくのはいいけど、本体を充電する時には外さなきゃならないからね。

それも、Pencilよりも本体に挿しておく時間の方がずっと長いわけだし(^_^;)

 

小綺麗で「オシャレ」なのは結構だけど……

(だからさ、私は、Apple製品とは、イマイチ相性がね……オシャレとか、どうでもいいから、質実剛健であってほしいの……)

 

が、どうやらこれも、4番の「持ち運び」への朗報が、同時に解決してくれるかも知れない話なので、続報をお待ちください。

 

 

5.キーボードは欲しい。

やっぱし、長く入力するにはキーボード欲しい。

画面にキーボード出してると、せっかくの作業領域がもったいない。

純正のキーボード、高いんだよねえ…。

他メーカーから出てるキーボード付きケースに目が行ってしまいます。

が、ひとまず、以前iPhone買った時に用意したBluetoothキーボードを使ってみないとな。

 

…ということで、4年前?に買ってあんまり使わなかったキーボードを出してきました。

ただいま充電中。

f:id:art-hiro-b:20160607133605j:plain

 

問題は、これをどうやって持ち歩くか…。

泊まりで出かける時はともかく、日頃の外出にはわざわざ持って行く程でもないかな……。

 

 

6.お絵描きツールとしては慣れと工夫でかなり使える。

アイビスペイントが、一応ApplePencilに対応した、ということにはなっているんだけど。

やっぱり、対応してるように思えない。

それとも、対応してて、こんなもん?

…な感じです。

でも、出先でラフ描いたり、簡単なイラストやらスケッチくらいなら全然問題ナイ。

絵も内容によっちゃ、これで十分。

試し描きしてみた。

f:id:art-hiro-b:20160607133939j:plain

細かいことはやってないけどね。

 

600円~1000円程度の有料アプリを使えば、ちゃんと、ApplePencil対応のものはあるので、もうしばらく様子を見て考えます。

 

 

iOS9標準の「メモ」が、最も追従性がよい優秀なアプリだそうなのだけど。

いかんせん、私が欲しい筆は、メモにはなかった…。

 

 

んで、目下のところお気に入りは、先日もご紹介したこちら。

Zen Brush 2

Zen Brush 2

  • PSOFT
  • エンターテインメント
  • ¥360

 

psoftmobile.net

https://www.instagram.com/p/BGRqgSBJiS8/

iPadのアプリで遊んだ #ipad #zenbrush2 #illustration

 

ものの3分くらいでサクッといけちゃう感じが良いです。

ちゃんと描き込もうと思えば、それもできるし。

この絵は、アプリ内の紙テクスチャを適用してます。

なかなか、渋いラインナップになっておりますよ。

 

 

 

後、試してみないとなのは、AdobePhotoshop Sketchです。

blogs.adobe.com

今、まだ入れて起動して、ちょろっとペン動かしてみただけなんだけど。

(店頭で実機を触らせてもらった時も、アプリはコレだった)

PhotoShopのバージョンがCCだと、互換性があるので、iPadで描いたファイルをパソコンに持って行って仕上げ…とか、できるそうな。

うちのはCS3だから残念…っていうか、お絵描きするならPhotoShopは使わないけどね…。

 

 

7.ブログ書きには、やや難点あり。 

キーボードを併用すれば、ある程度は解消されるかな…とも思うのだけど。

いかんせん、ブログの投稿画面とかが、なんか、動きがちょっと微妙。

WordPressの投稿画面とか、まだ使ってみてないけど…。

 

Android版のはてなアプリも動きがヘンで、ちょっと気持ち悪いので使わなくなったのだけど。

iOSの方も、なんか、どうも…。

 

Chromeアプリのせいなのかも知れないけど…。

 

特にそれを感じるのは、画像を挿入する時。

TwitterInstagramなどの投稿を貼る、っていう動作も、ちょっと不安定。

 

やはり、パソコンで落ち着いて書くのが一番いいな、と思う。

 

とはいえ、出先から書きたい時には十分なので、スマホのちっちゃい画面でチマチマやるよりはずっと、使いやすい。

テキストだけの記事なら、それほど問題ではないかな、という感じですね。

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。