緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

その場所は、癒しか泥沼か害悪の巣か…自分の居場所は自分で決められる

人間、誰でも弱気になることはある。

凹むこともあるし、落ちることもある。

八つ当たりもしたくなるし、ちゃぶ台ひっくり返したくなることもある。

 

けど。

 

それを、何かの正当化の材料にするかどうかってのは、自分で選べるわけで。

 

過去に痛い目にあったことを看板に書いて、そこに注目してもらおうとするのは、確かにある意味カンタンに関心を引けるけれども。

その看板に気を引かれる人達がどういう人達なのか…ってのを考えれば、それを売ることでは得しないと思う。

 

 

ここまでたどってきた道筋を開示することと、痛い目にあってきたことをウリにするのって。

なんか、違う。

 

 

あくまでも「それは過去の話」と、自分自身も納得していることを見せるなら、開示だと思う。

(納得していることと、傷がすでに完治して痛まないことは、別の話)

 

今も「されたこと」を引きずっていて、まだ過去のことにできてないものに注目してもらおうとするのは、きっと、自分にとってもよいことじゃない。

 

 

どういう風に見せることが「開示」で、どういう風なら「ウリ」だ…なんて、一束からげにはできないけど。

そういうのって、なんか、皮膚感覚というか、ニオイというか…

非言語の領域で、伝わるんだよねえ。

 

 

 

私は、人間なんて誰しもそんなに強いばかりじゃないって思うから。

傷の舐めあいがあっても、いいと思う。

そういう場があっても、いいと思う。

 

ただし。

 

そこから外に出て行こうとする人を、残る人が引き留めない。

それが条件。

 

必要なだけそこに居て、もういいかな、って思ったら。

誰にもジャマされず、引き留められずに、出て行ける。

 

もし、引き留められるのなら…引き留められると感じさせるなら。

 

その場は、安息の場でも休息の場でも癒しの場でもなく。

ただの、泥沼。

 

人を引きずりこもうとするのなら。

泥沼ですらなく、害悪の巣だと思う。 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。