読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

出会えたことが、すでに夢叶いはじめの前兆…というお話し

夢を叶える方法。

開運する方法。

 

そんなメソッドが、ちまたには溢れている。

 

昔、なぜか天使なんか描くようになってしまって、さんざん文句言いながら片足突っ込むことになった「スピリチュアル業界」ってのは、まさに、そういうモノの巣で。

 

日々、うんざりして。

それでも、いろいろ知るためには、自ら少しは実践して、実験もしてみなきゃ…なんて。

いろいろと、やってもみた。

 

けど、私って、根本的にね。

何かに願って叶えたいと考えるタイプじゃなくてね。

 

「願って叶うなら、そりゃいいな」とか思いながらも、全然、信じてなくて。

信じてないんだから、叶うわけがないってもんで。

 

それでも、私は、今まで本当に願ったことの多くは、現実のモノにしてきた。

 

会いたいと願った人には会い。

会うだけじゃなく、近づきたい、個人的に関わりたい…と思った人とは、高確率で友人になり。

仕事するためだけの場が欲しいと思えば、割り勘とはいえ部屋を借り。

その後、それは一戸建てを借りるところまで発展して。

今は、次の場所に入れることを願っているところ。

 

細かいことなら、枚挙にいとまがない。

 

それでも。

私は、開運法とか、願いを叶えるメソッドを、根本的に、信じていない。

今も。

 

 

神とか描いてるヤツが何言ってんだ…と、思われるかも知れないけど。

むしろ、だからこそ懐疑的…なんじゃないかな、と自分では思う。

 

信じやす過ぎる人は、あんまり向いてないんじゃないかな…って、私は思うので。

 

 

まあ、それはいいとして。

 

 

先日のかさこ塾フェスタで、唯一、お金を支払って手にしたモノがある。

それが、これ。

 

f:id:art-hiro-b:20160602001548j:plain

夢箱。

制作された八子さんのブログ記事。

ameblo.jp

 

 

越前和紙。

手書きの墨文字。

 

記事を見た時、「ああ、これはヤバイ…」と、思った。

 

なにそれ。

エチゼンワシ…って。

もう、それだけでもヤバイよ、私にとっちゃ、それ自体が「夢」みたいな品モノだ。

先日も陶芸祭りで和紙買っちゃったしさ。

どんだけ好きだよ、っていうくらい、好きだよ。

 

そしてまた、この絶妙な滲ませ具合の文字!

 

なにこれ、本気でヤバイんだけど。

 

 

フェスタは自分も出展者だし、そんなうろちょろできないし。

気がついたら、どこかに連れて行かれてた…なんてことに、なりそうだ…。

 

出展者同士で買い占めとか、よくないし。

 

 

…とかなんとか。

いろいろ、大人らしく(笑)

 

けれど、結局は、「あれ欲しいんですが」って、事前に連絡しちゃいました。

一度は「ごめんなさい」されたんですけどね。

そんなことじゃ諦めませんよ。

 

朝、集合時間早々に現場入りして。

八子さんとこのブースが整ったらしき状態を見計らって、突撃!

 

そうして、私のところに来てくれた、宙の夢箱です。

 

 

中に、夢を入れておくのです。

お守りのように、見えるところに置くか、持ち歩きます。

 

私は、この中に……

 

「無」を、入れました。

 

ええ、無ですから、物質としては何も、入っておりませぬ。

 

夢箱の作法とは違ってるんだけど。

でも、私の願いは、今、そのほとんどが「今まだこの世に無いもの」なのです。

だから、紙に書けない。

どうやって叶えられる道筋に乗れるのかも、わかんない。

その方法、手段、必要アイテム…その全てが、全然、見えない。

だから、書かずに、イメージを箱に入れました。

 

 

 

というか。

もしかしたら、八子さんそのものが、私の夢箱かも知れない。

箱、というものが。

今、私の大きなテーマにもなってきてて。

手作りできっちり、一個ずつ箱を作っている、という方に、こういう時に出会えた…ということが。

すでにもう、夢の叶いはじめの、前兆ではないかな…なんて。

 

 

フェスタで唯一、購入したモノ。

その作者さんのブログは、こちらです。

ameblo.jp

 

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。