緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

モノサシとマトリョーシカ、そしてバラのトゲ

人は、みんな、自分の中にだけあるモノサシで生きている。

そのモノサシは、他人とは共有することができない。

 

だいたいこれくらい…という確認をしあうことはできても。

じゃあ、その「確認した」ことが、実際に相手の中にあるものそのものを取り込めたのか…っていったら。

それは違う。

 

 

そのもの、どころか。

大半は、そのものからは大きく離れて、全く別モノになっているだろう。

 

そして、時には(というか、これまた、大半は…)、自分自身の中のモノサシですらも、実際と自分認識が離れているわけだ。

 

自分と向き合う、とかいう表現は、私はあんまり好きじゃないのだが。

(というか、それを多用する層に対して、あまり良いイメージがない…というか)

 

向き合うことなくして、自分の中のモノサシをちゃんと識ることは、できない。

 

で。

これまた多くの場合で、ちゃんと識ってるつもりで、識ってない。

(私も同じ。<つもり>でいるだけ…ということが実に多い)

 

逃げずにやっている、と思っていても、意外とそんなことはなくて。

そのこと自体は、本能的に防衛しようとするようにできてるので、無理もないことではある。

 

あるけれど。

人間には意志があり、それはいつ使われるものか、と言えば。

やっぱり、「譲れない一線」のために踏みとどまる…というような場合じゃないだろうか。

 

 

でも。

「自分の、譲れない一線」っていうものが何なのか。

本当に、把握できているのか?

…と、ね。

 

どこまでいっても、入れ子入れ子…のマトリョーシカみたいなもので。

タマネギみたいなもので。

合わせ鏡のようなもので。

 

自分と自分のにらみ合いというのは、他人からはうかがい知れないだけに、淡々としているようで消耗戦でもある。

 

自分VS外の世界

 

そんな構図で、爪や牙を研いでいるうちは、もしかしたら、本当にはマトリョーシカを開けてなどいないのかも…知れないな。

 

…なーんて。

思うことが、ありました。

 

 

 

久屋大通公園フラリエのバラ。

トゲ、すごいよねえ。

こんな武器を標準装備しているんですよね。

花は小粒でカワイイのにね。

f:id:art-hiro-b:20160514235841j:plain

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。