緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

深さと、書きたい欲求

私は、ずっと、考えてることがある時はとにかく、書きたくて仕方なくなるタチだった。

そして、いつも何か考えていた。



ところが、どうやら、その頃と違ってきたらしい。

最近は、考えてることが深いところにあればあるほど、書きたい欲求が低下する。


記憶の格納が変わった頃にも、どうにも書く意欲が出なかった時期があったけど。
なんか、その頃の感じとも違っている。


とりあえず。

自分で自分の思ったことにびっくりした…ということが、いくつもあって。
それらを、書いて記録しておきたいと思いつつも、同時に、書きたくないとも思い。

なんか、なかなかに、納まり よくないのであった。


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。