緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

井上雄彦さん屏風絵「親鸞」にようやく対面できました!

本日、5年越しの機会をいただきました。

ようやく、本物と対面できましたよ、巨大な、六曲二双の屏風絵。

井上雄彦さんの、「親鸞」です。

 

現地での撮影は禁止です。

なので、チラシの一部をUP。

f:id:art-hiro-b:20160422195337p:plain

 

 

井上雄彦って誰?って人でも、これを知らない人は、まあ、そうそういないでしょう。

 

 

 

 私はこっちが好き。 

バガボンド(37) (モーニング KC)

バガボンド(37) (モーニング KC)

 

 

バガボンドで墨絵を始めた井上さん。

東本願寺の依頼で、この屏風絵を描かれました。

去年、京都で公開された時があったのだけど、その時は行けなくて涙を呑んだのですが、まさか、名古屋で対面できるとは!

この公開を知ったのも、ほんの偶然。

17日に、名古屋駅で開催のセミナー(プレスリリースのセミナー)に行く時、いつもなら車で行っちゃうところを、この日はあまりにもひどい風雨にめんどくさくなって、ダンナが駅方面に行くっていうのでついでに送ってもらい、名鉄電車で名古屋まで行ったのです。

その時に、ホームの掲示板に貼ってあったポスターをなんとなく見てて、下の方にちっちゃく載っていたこの公開を見つけた…と。

 

いやもう、こういう時はあっさり屈服して、「カミサマありがとう~!」って思います。

 

 

こちらに、屏風絵の動画もあるので興味ある方はどうぞ。

前回京都での公開のニュース映像です。

www.sankei.com

 

 

東別院でのイベントについては、こちらのページで。

www.ohigashi.net

 

同じ会場では、小林憲明さんという画家の 「ダキシメルオモイ」展も同時開催。

こちらも、すごく、よかったです。

この方のこのプロジェクトは、今までも時々、ニュースなどで見ていたのですが。

今日は、親鸞屏風絵しか眼中になく行ったので、同じ会場で「お!」と、すごく得した気分。

会場には、小林さんもいらっしゃいました。

お話ししたかったのだけど、ずっと他の方と入れ替わり対応されていたので、近くでそのお話しに耳を傾けて、帰ってきました。

そのことで思ったことは、また別の記事で書きます。

 

24日は、朝市などもあるので、狙い目は24日かも。

 

 

これらの展示会が終わった後の日程では、神楽などもあるんですね~。

「要チェックやでー!」

(スラダンの彦一くん風にwww)

 

 

グッズ売り場では、親鸞屏風絵のミニチュアや、ポスターが買えます。

私はミニチュア屏風を購入いたしました。

サイズは小さいけど、しっかりした作りです。

それも要チェックやで~♪

 

f:id:art-hiro-b:20160422201246j:plain

f:id:art-hiro-b:20160422201257j:plain


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。