緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

年度末に思う…「人生は剪定作業の連続」

今日は、3月31日。

年度末ですね。

 

年度末…って言っても、我が家では特に、これといって関係ないのですけども。

なんか、気分的に、慌ただしく感じるんですよねえ~(笑)

 

 

肩書き保留問題について、昨夜書きまして。

 

art-hiro-b.hatenablog.jp

 

「助けて~」って最後に書いたら、さっそく、いくつかのアイデアをいただいてます。

そうくるか!みたいな、自分だけでは思いつかないような案もいただいてまして。

ありがたい話でございます。

 

今まで1年以上も、なんやかんやもや~っとしながらも、使ってきてて特に問題もないわけですから(笑)

またさらに、気長に待つことにしてます。

 

今日、タイミング合ったので引いてもらった、奄海るかセンセのワンオラクルでも、こんなん出ましたしね(笑)

f:id:art-hiro-b:20160331233549p:plain

 

なんか思いついた方は、引き続き、よろしくお願いいたします!

 

 

 

 


 

昨年は、水面下での模索がずっと続いた年だったな、と思います。

今年は、急に表に出る機会が増える計画。

だから、肩書きを整備したかったんですけども…。

なんというか…今すでに、「絵描きです」としか人に言わない状態が続いてるんで、異界であろうがなかろうが、大勢に影響なしという感じ。

 

 

この「大勢に影響なし」ってのが、ここんとこ、ホントに、あらゆることに関して、登場します。

 

これ、「大義の前の小事」的な面があって。

使い方を誤ると、ちょっと危険ですけども。

でも、何かをカタチにしていこう、としている時には、どうしてもそういう面が強く出てくるってことは、あります。

 

 

たとえば、人間関係。

 

この数年というもの、たびたび、人間関係の剪定が発生してきてます。

先日も、ありました。

一年くらい前にも、ありました。

その前の年にも、ありました。

その前の年にも、ありました。

……ほんと、定期的に、やってます。

 

 

いい気分ではありません。

けれど、自分が消耗する原因になることだったり、もっと困るのは、自分につながるその先の大きなところに、すごく影響が出る懸念がある時。

 

 

私一人の話ですむのなら、まあいいか…とか、テキトーにフェードアウトしといたらいいか~とか、思うけど。

そういうわけにはいかなくて、いろんな人に影響が及ぶような時。

 

そんな時は、やっぱり、イヤでも何でも、「おまえはもう顔見せるな」って、宣告しないとだめってことが、あるんですよねえ。

 

リストラ担当になった人の気分って、こんな感じかなあ~とかね。

 

 

 

うち、ダンナのお仕事って、庭木の剪定なんですよ。

 

剪定、って、木のよい発育とか、美しい伸び方とかのために、不要であったり、災いになる枝や芽を刈って、樹木本体を一番生かしやすいようにすることです。

農作物にしても、花にしても、「間引く」っていう作業がありますけども、そういうこと。

 

適切な時期に、適切なやりかたで剪定してあげないと、樹木本体がだんだんと、衰退していくんです。

適切に剪定してあげれば、よい芽が出て、よい生育が見込める。

 

どんなことでも、一緒だと思うんですね。

 

もちろん、刈り取られる枝や芽としては、たまったもんじゃない…だろうけども。

 

人は、一人一人が生きている唯一の存在です。

だから、刈り取るっていう表現は、よくない。

 

でも、やっぱり、時にはそういうことが、避けられなかったり、必要だったりするわけですよ。

 

当然ですが、自分が刈られる側になることもあります。

まあ、それは、仕方ないですね。

その「樹木」=コミュニティにとって、生育を妨げる要因になってるんであれば。

それは、自分が納得できようが、できまいが、結果的には「どうしようもないこと」だし。

 

 

今まで、そんな感じで自分の人間関係を剪定してきた結果は、

「後悔は全然ない」

「その度に、より、己の道筋や、一緒に行動すべき人がはっきりしてくる」

明確に、現れてるのです。

 

 

剪定に入る時って、だいたい、その前から予想はついてきますしね。

 

 

 

「うわー、あいつ、人を剪定するとか言ってる。ヤバいぞ」

って、感じる方も当然、いらっしゃるかと思います。

でも、まあ、たぶん、その人は、私と接点があったとしても、一緒にどうこう動く関係になる人ではないと思う。

一時的にそうなることがあっても、ほんの一時のことかな…とね。

 

私の知る限り、何かを…特に、個人の力量をほんの少し超えているようなことをカタチにしていこうと尽力している人は、どなたも、そういう局面を通ってきています。

大事を取って、小事を捨てる。

取捨選択です。

 

この考えの危険なところは、わかってるけどね。

 

でも、人一人の力なんて、たいしたことないですから。

すべてをカバーするなんて、できないんですよ。

 

それをやりたい、という方は。

おそらく、「全部カバーする」という大義のために、自分個人の大部分を、捨てることになるんだと思います。

それでも、やりたい…と。

そういう人にしか、手に入れられない結果ですね。

 

 

自分のしょーもない肩書き問題から、すごいところに連想が飛んでしまいました。

 

私の相手は「神」だったりしますんで…まあ、そういうこともあります。

 

私は、自分個人のことに貪欲な小市民なんで。

自分の大部分を捨てて広域をカバーしたい…なんて、全く思いません。

手の届く範囲のことで精一杯で、それすらもロクにできてないんだから。

 

 

 

 

 


個人版会社案内「セルフマガジン」作るためのナビゲーターします!

art-hiro-b.hatenablog.jp

 

  

好きを仕事にする見本市 かさこ塾フェスタ

に出展します!

 

f:id:art-hiro-b:20160314152130j:plain
東京:5月29日(日)@CST飯田橋(東京都千代田区富士見2-3-14 CSTビル)
物販:ミニ画集、ポストカードなど
セッション:フェイス・ボディペイント
原画展示:天使を中心に数点

詳細はこちらの記事をご参照ください!

art-hiro-b.hatenablog.jp


10月に京都で開催の塾フェスタ京都にも出展します!
日程など決まり次第お知らせします(^^)

名古屋も開催することになりました!日程その他は後日!

 

★外部サイトからも読者登録できます!→

 

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。