緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

テーブルの切れ目が深いクレバスのようだった女子トーク/東京ネタ番外編

阿波踊り公演の後、数名でご飯を食べに行きました。

 

今回の東京行きでは、すでにネットで交流があったけれどお会いしたことがない、という多くの方に実際に会うことができたのですが。

そのご飯メンバーも、そんな方達。

知らないけど知っている、知っているけど知らない…そんな不思議な感じです。

 

 

んで。

その時のメンバーは、1名の男性と、6名の女性(私含む)

うち、既婚者は私含めて2名。

 

その私と、男性参加者・仮名H氏は、テーブルの一番奥に向かい合わせで座ってました。

そのテーブルは2人席。

その横に、別のテーブルをくっつけて、他の女性達が着席。

 

そして始まった、女子トーク。

 

イケメン定義とか、好みのタイプとか、結婚するならどういう人がいいか…とか、とか、とか。

 

H氏は絶賛募集中(だよね?)なので、無縁な話ではないわけだけど…。

女子達の「イケメン定義」とか…

同じ土俵として参加は、まあ、ちょっと、アレですわな(笑)

で…私はもうまるっきり「どうでもええやん」状態。

 

「このテーブルの切れ目が、アウエイの分け目ですね」

なんて、つい、言っちゃいましたよ。

 

 

いや~。

私だって、イケメンの定義というのは、自分の中にはあります。

が、それ、「自分のパートナー」に求める要素とは違いましてね。

つか、恋愛関係ホント、苦手というか縁がないというか………

 

意味がわかりません!

ごめん!

 

女性陣のお話しが、ほとんど、理解不能でした……

 

とうに既婚だから、ということではなくて…ですね。

若い頃から、そんな有様でして。

 

女子校に通ってた友達の文化際に行った時、カレシと間違われたとか…まあ、そんな有様だったりね。

(いや、さすがにそれは彼女に失礼だろ、という話っすよ…)

 

 

しかしまあ…なんというか。

 

己のパートナーとしてどうか、という以前に、まず、「その人が人間としてどうなのか」ってのが、大事だと思います。

中には一生恋愛モード熱々のまま人生全うできる方達もいらっしゃるかと思いますが。

ほとんどは、だんだんと「家族」として、「空気みたいなもの」とか「同志」のようになっていくと思います。

そうなった時に、ぺらっぺらな人間であるよりは、深みがあった方がいいと思うし。

経済力だのルックスだの何らかの看板だのといった「外側」は、その人自身ではありませんしね。

 

うつろうことが必然の「外付け」の魅力なんか、どうでもいいでしょ。

 

自分に向いてるタイプだの、相性がどうの…なんてのも、「そもそも、自分も変わるよね」だし。

 

なんかね。

ありもしない「理想」を、どんだけ求めたところで。

 

そんなの、虚像でしかないじゃん。

 

…と、恋愛オンチも極まる私は、思うわけです。

 

 

 

 

好きを仕事にする見本市 かさこ塾フェスタ

に出展します!

 

f:id:art-hiro-b:20160314152130j:plain
東京:5月29日(日)@CST飯田橋(東京都千代田区富士見2-3-14 CSTビル)
物販:ミニ画集、ポストカードなど
セッション:フェイス・ボディペイント
原画展示:天使を中心に数点

詳細はこちらの記事をご参照ください!

art-hiro-b.hatenablog.jp


10月に京都で開催の塾フェスタ京都にも出展します!
日程など決まり次第お知らせします(^^)

 

★外部サイトからも読者登録できます!→

 

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。