読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

本命イベント 「キセキ×キセキ」という奇蹟の軌跡と輝石たち/東京ネタ3

★あかり玉(ひょうたんランプ) ★体験記 ★作品制作に関する処々

ようやく、東京行き本命の記事です。

真っ先に書かなかったのは、「寝かせて熟成させたい」感じだったから。

 

 

公演後に宿泊先に戻る途中でメモした「当日記事」は、こんな短文。

art-hiro-b.hatenablog.jp

 

 

いただいたパンフレット。

f:id:art-hiro-b:20160315190813j:plain

 

この写真、すごい好き。

f:id:art-hiro-b:20160315191211j:plain

 

最後の演目は、撮影OKだったのです。

f:id:art-hiro-b:20160312223230j:plain

 

この舞台のカラーリングや衣装などで、付き合いの長い人は「あ、ひろちゃん好きそうだね」って、すぐに思うんではないかと。

その通り。

超ツボです。

 

 

さらに太鼓入って、超ドストライクでしょ♪

f:id:art-hiro-b:20160315191759j:plain

 

 

おまけに、この「寶船」さんのシンボルマークのカタチ。

どうよ。

最初に劇場に入って、設置されている舞台見てびっくりしちゃったよ…。

以前使ってた屋号の紋として作ったヤツとめっちゃ似てるもん。

(いや、まあ、こういうデザインはよくあるっちゃ、それまでだけど…)

f:id:art-hiro-b:20151106230505j:plain

 

そんな、個人的なびっくり感はまあ、置いといて。

 

いや、ホント、よかったです。

見に行けて。

 

 

 

和太鼓パフォーマンスTAOの公演も、今まで何度か見に行っていて。

なんというか…

単に、伝統を残すとか、伝えるとか、そういう次元に留まらず、

「新しい日本の文化」に、「打ち直す」みたいな感覚。

現代風のアレンジを加えて、新鮮にして。

けれど、魂の部分、根底にあるものは、伝統を引き継いでいる。

 

どんなにスゴイものも、新しい風が吹き込んでいないと、廃れていく。

そういう意味で、伝統産業はどこも、今、曲がり角。

工芸の分野でも、それは本当に、感じること。

 

守りつつ、守る以上に「壊す」ことも大事で。

でも、ただ壊すだけじゃだめで、魂はしっかり残したままでないと、存在そのものが瓦解してしまう。

 

核の部分には、古くから引き継いできた魂を包含しつつ、新しい魂でコーティングしていく…みたいな感じかなあ。

 

古くからの型を忠実に残すことをヨシとする派には、「あんなの」って思われるかも知れない。

でも、言語がどんどん変わっていくのと同じで、伝統の伝え方や、再現する姿も、変わっていってもいいと私は思う。

存在そのものが消えてしまうより、ずっといいじゃないか…って、思う。

 

 

出演者のみなさんは、それぞれに光る個性のある、輝石みたいでした。

全存在を一点に賭けた、というくらいの2時間の公演だった。

 

寶船さんのような勇壮な舞台の背景に絵を描いてみたいな~。

妄想は膨らむのでありました~。

 

 

f:id:art-hiro-b:20160315200313p:plain

寶船(宝船)|日本初のプロ阿波踊りエンターテイメント集団

 

 

f:id:art-hiro-b:20160315194237p:plain

 

この記事は、こちら

fuyukaohtaki.com

 

 

 

 

目下、ふゆかちゃん用の「あかり玉」を、作っています。

だいたいできている状態で公演を見に行ったのだけど、その結果、全体に一手間加えることにしました。

 

完成後に改めて書く予定だけど、ふゆかちゃん用の一品によって、私の「あかり玉」の基本的な作り方そのものが、ガラッと、変わりました。

 

自分でやってて思うけど、これは、「ああ、ひょうたんのランプね。作っている人けっこういるよね」っていうシロモノではなくなっていきますよ。

なんか、そういう感触があります。

 

デザインに沿って、ただピンホールを開けていく、っていうモノでは、なくなりました。

 

ひょうたん本体を壊してしまう手前の、ギリギリのところを、ひょうたん自身と相談しながら作っていく感じです。

 

そこにさらに異素材を加えたプラチナバージョンも企画してるんだけど、基本形は今できあがりつつある…って、感じながら作っています。

 

これも、一つの「奇蹟の軌跡」です。

人との出会いが生み出す、化学変化です。

 

 

 

収穫がありすぎて、行かなかったらどうなってたかわかんねえぞ…というくらいの充実した東京一泊二日でした。

 

 

 

 

 

好きを仕事にする見本市 かさこ塾フェスタ

に出展します!

 

f:id:art-hiro-b:20160314152130j:plain
東京:5月29日(日)@CST飯田橋(東京都千代田区富士見2-3-14 CSTビル)
物販:ミニ画集、ポストカードなど
セッション:フェイス・ボディペイント
原画展示:天使を中心に数点

詳細はこちらの記事をご参照ください!

art-hiro-b.hatenablog.jp


10月に京都で開催の塾フェスタ京都にも出展します!
日程など決まり次第お知らせします(^^)

 

★外部サイトからも読者登録できます!→

 

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。