緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

ノート術のために新しいノートが欲しい件

一つ、書かないと…というか、補完しなおしてUPしないといけない記事があるのだけど。

なんか、それを考える気分になれない。

 

なので、今日はちょっと横道に入っちゃうことにした。

 

 

手帳を買って、「毎日を資産に変えるノート」を使う…と。

途切れず、っていうわけにはいってないけれど(ははは…)

それでも、や~めた、とはならずに続けてる。

 

すると。

少し前に下ろしたばっかりのA5のノートが、なんだか非常に、使いにくくなってきた。

 

というか。

もう一つ、一時期やり始めて、あんまり継続しなかったノート術の一つを、復活させたくなってきたんだよね。

 

下ろしたばっかりのA5のノートは、アイデアを書き留める目的で作られたノート。

「書き味」にこだわっているノート。

ミシン目が入ってて、切り離してファイリングなどを容易にするノート。

 

その仕様が、使えない原因になってしまった。

 

確かに、そのノートは売り文句の通り、書き味が非常によい。

愛好家が多いらしいシリーズで、その理由も、わかる。

 

が。

使いにくい。

 

今の目的には適合しない。

 

 

と、いうことで。

再び、新しい、今の目的に適ったノートを使うことにする。

安いので十分。

しかし手元にある未使用のノートストックは、どいつもこいつも今回の使い方には合わない

(無地か方眼しかないのだ~。しかし今回は罫線ノートが欲しいんだ~!)

ので、買いに行かなきゃ。

 

今使ってるバッグがA4がタテに入る素敵サイズなので、ノートはB5にしてもいいかも知れない。

 

流行した、ドッド入り罫線のがいいかも知れない。

 

合わなくなったノートは、別にちゃんと使うので問題ない。

 

 

なかなか様式が定まらないが。

まあ、やり始めはそんなもんだ。

…と、いうことにしておこう(笑)

 

 

どういうスタイルのノートを復活させることにしたのか…というのは。

後々、効果が実感できてきた時のためのネタにとっておく。

 

(もったいぶってるわけではない。「なんで、その様式が今いいと思ったのか」ってことが自分でもよくわかってないので、しばらくしたらそれが見えてくるかな…と)

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。