緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

本当にやりたい行きたいなら、こそこそ立ち回らず堂々と

やりたいことや、行ってみたい方向

そういうものが、あるのなら。

 

周囲の人…親しい人とか、友達とか、家族とか、それまでに作ってきた人間関係の中の、大事な人とかにヘンに阿る(おもねる)ようなことは、やめよう。

素直に、やってみたい行ってみたいと、言おう。

 

周囲の人が、それに反対するだろうとか、いい顔しないだろう…とか、思ったとしても。

それは、単なる自分の思い込みでしかないかも知れない。

 

仮に、本当に反対されたり、いい顔されなかったとしても。

自分がやりたいこと、行きたい方向…その気持ちが本当なら、どうせ、いつまでも見ぬふりはしていられない。

どのみち、やることになり、行くことになる。

それなら、周囲の人に阿って興味がないフリしたり、アンチなフリしたりしないで。

素直に、本当は興味あると意思表示しようよ。

 

そうすれば、「ああ、そうなのね」ってなるし、「うん、そうなの」って言える。

 

周囲の人に調子を合わせておいて、裏でこそこそと立ち回るほど、印象悪いことって他にない。

 

本当にやりたい、行きたいのなら、堂々と宣言すればいい。

 

もし、言ってみて本当に反対されたり悪く言われたりしたら。

その時は、自分の本気度を測るいいチャンスだ。

反対にあって、悪く言われて、気持ちがどう動くか、動かないか。

 

 

 

おもね・る [3] 【阿る】

( 動五[四] )
気に入られようとするへつらう。 「大衆に-・る」 「時流に-・る」 「其の鬼走り疲れにて,祭の食を見て-・り就き受く霊異記 訓注

 

※人の顔色見ることが悪いことなんて、言ってない。

 そうしなければならない場面も人生にはある。

 ただ、「それをこの場でするかどうか」を意識して使い分けた方がいい、とは思う。

 

 

 

ああ…そういえば、一番最近、ドカンと怒り噴火に至った出来事ってのが、そんな感じのことが発端だったっけなあ…。

二年だか三年だか前の話だけど。

 

 

 

 

f:id:art-hiro-b:20160303233058j:plain

Wikipediaから「真実の口」

 

 

 

好きを仕事にする見本市 かさこ塾フェスタ に出展します!
東京:5月29日(日)@CST飯田橋
京都:10月某日(決定次第お知らせ)
物販:ミニ画集、ポストカードなど
セッション:フェイス・ボディペイント

かさこ塾フェスタとは…
「それであなたは何がしたいんですか?」を広く問いかけるイベントです。
かさこ塾生達が、それぞれの好きなことで、「好きをチカラに。仲間と出会う。」をお見せしますよ!
かさこ塾に関係ない方でも、どなたでもお越し下さい。
お子様連れOK! 「こんな生き方もあるよ」を感じていただきたいです。

かさこ塾フェスタホームページ

塾フェスタ | かさこ塾

 

★外部サイトからも読者登録できます!→

 

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。