緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

光と闇

過度に、闇、闇、闇…と闇を意識しすぎるのは。

結局のところ、それだけ、闇に魅入られているということだ。

 

光を過度に求めたくなるのも。

身の内にある闇から目をそらしていたいからだ。

 

そもそも、光とか、闇とか。

 

何?

 

 

光だけ、闇だけ。

そんな人間、いないよ。

 

そんな存在も、ないよ。

 

 

どちらもあって、どちらも必要。

 

光で闇を排除はできないし。

闇で光を塗りつぶすことはできない。

 

どちらも、互いがなければ認識できない。

 

光の中にあっては、その恵みを。

闇の中にあっては、その恵みを。

 

健全にそれらを受け取れるのが、「幸せ」に一番近いと思う。

 

 

f:id:art-hiro-b:20160228013137j:plain

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。