緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

「スゴイ」って言葉

人間て、勝手に想像して、組み立てて、ありもしない幻想を、事実そうであるかのように錯覚するのが得意だ。

 

文章でしか知らない人。

文章だけ見てたら、スゴイこといつも書いている。

だからスゴイ人だと、勝手に思う。

 

でも現実には、書いてることは、ほぼウソかも知れない。

 

 

見えているところだけ、素直に受け取っておけば、「あの人はスゴイ人」と思っておける。

それでいいじゃん…とも、思うし。

本当にそうかを、知らないといけない、っていう気持ちもある。

 

一年くらいかけて、じわじわと、本人が作っていた虚飾が剥がれていくと同時に、私が勝手に作っていた幻想が壊れていった…というパターンも、今までにはいくつもあった。

そうなった後でも、その人の「一部」を「スゴイ」と感じるのは変わらない。

けれど、その人そのものは、スゴイとは思えない。

 

 

私の「スゴイ」は、矛盾がある。

 

基本的に、他人は全員、自分よりもスゴイと思っている。

だから、若いとか関係ナシに、スゴイものはスゴイ。

 

こんないいトシになるまで生きてきて、自分一人ではほぼ、何も成し得てこなかった。

理屈と口と文は達者でも、後に何か残してきたか…っていったら、そんなの何もない。

カタチになったことが、ほとんど、ない。

(カタチになってれば、今こんな状況にいないしね)

 

このトシになると、知り合う人達は年下が多くなる。

トシは若くても、しっかり自分のやりたいことやって、カタチにしているか、しつつあるという人が多い。

そういう人が集まる場にばかり行くから、当然そうなる。

みんなスゴイな~と、感嘆する。

 

ただし、その「スゴイ」と、「あの人は本気でスゴイ」というのとは、ちょっと違う。

 

同時に、あんまり、人のことを「スゴイ」と思わない。

会話の中の表現としては、「スゴイね」って使うけれども。

他に、そういう時に適切なる表現を知らないだけ…ということも、よくある。

何も成し得てこなかった人間にしては、不遜な話だけれど、事実なので仕方ない。

 

 

非常に、矛盾してると思う。

ここらへんが、うまく表現できない。

 

 

なんで、そんなこと書いてるか…といったら。

自分ってボキャブラリーが貧困なんだな、と思ったので。

 

疲れてると、おかしなことばかり浮かんでくるなぁ。


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。