緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

似ているようで全く違う、「ホンネを語る」と「ホンネをちょっとズラして語る」の結果

アウトプットされたものに、似通ったところがあるAさんとBさん。

しかし、第三者の私には、似通ったアウトプットから「真逆な印象」を受ける。

…という件を、考えてみる。

 

 

 

二人は、いつも、物事の美しいところについて言及する。

「ほっこり」「真心」「心がきれい」「繊細さ」「親切」「あたたかい」など、選ぶ言葉にも、かなり共通点がある。

向上すること、成長すること、耐え忍ぶこと…などに、美を見いだす傾向がある。

両者とも、更新頻度は高くなく、ポツリ、ポツリとしか書かない。

両者とも、グチもこぼすことがあるし、世に出回った意見に対して反論を述べることもあり、人間ぽいことを書く。

決して、聖人君子を気取ってなどいない。

 

そして、暗いものごとをよくしていきたい意識がある。

 

 

二人の記事を両方とも読んでいる人がどれくらいいるのか…とか、どれくらい読まれている人達なのか…などは、私にはわからない。

 

そんなに、「なんか似てる」と感じることが多いAさんとBさん…だけど。

 

私には、なぜか、まったく違った印象がある。

 

 

Aさんの文章は、染み入るようにじんわりと響いて心地よい。

Bさんの文章は、喉に小骨が刺さったみたいに、何か妙に苛立つ。

使う言葉も、視点も、似ているのに。

 

 

自分の受ける感覚を、よく、チェックしてみると…

どうやら、二人の決定的違いは、

 

「行動してるか、してないか」

 

それも、

 

「理念を少しでも形づくるための行動を」

 

な、気がしてきた。

 

動きが少ないのは、むしろ、Aさんの方。

Bさんは、けっこういろいろと動き回っていて、いろんなことをやっている様子が見える。

 

ただ、Aさんの「行動」は、自分のために留まらないことが多い。

Bさんの「行動」は、自分がやって楽しそうなこと、有意義そうなことに集中している。

 

Aさんが、少ない動きからも「自分が思う人のためにもなること」に関わっていこうとしている一方で。

 

Bさんは、本人の語っている「美しいコト」を現実化させるような動きに繋がっていない。

 

Aさんは、たまに「世をはかなむ」「不運を嘆く」ようなことはあっても、基本的に恨みやひがみからは遠い感じがする。

 

一方、Bさんは、根底で「自分の置かれた場所に対する怨恨」みたいなものが根深い感じがして、言葉や語っている内容の美しいことが、毒されている。

 

 

 

本当に思ってることだけしか語らない…

本当にやっていることしか、語らない。

 

ここは、大事なことだなぁ。

それって、自分をよく見て知っていないと気がつけないと思うし。

 

ホンネを語らず、ズラしたところで語っている…自分では、たぶん、そういうことは、よくわからないと思う。

頭で物事判断しがちなタイプが陥りやすいようにも思う。

 

なんとも言えない違和感や嘘臭さは、感じられてしまうものなんだなぁ。

 

自分も、いつのまにかそういうことになってないか、気をつけよう。

忌憚なく意見を言ってくれる人というのは、ホントに、貴重な存在だよね。

 

 

※先回りして断っておくけれど、今の時点で交流がある人のことではありません。

 

 

★外部サイトからも読者登録できます!→

 

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。