緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

笑ってるブログって…

私はブログ書く時はけっこう、何かに文句つけてるようなことが多いのだけど。

実際、本当に、生活しててもそうなのか…と言ったら、別にそうでもない。

親しい人と一緒にいる時は比較的よく笑う方だと思うし。

感情把握の瞬発力が鈍いおかげで、腹が立っていてもその時はわからないことが多い。

で、かなり後になってから、なんかだんだんムカついてくる…と。

けれど、長続きもしない。

意見の近い人達などに一通り話してネタにしたら、それでオシマイ。

 

よっぽどのことでない限り、怒鳴ったりもしない。

記憶にある限り、去年はそういうことはなかった。

一昨年、とある事件が起こった時に、引き起こした張本人が事の重大さを全くわかってなかった時に、ものすごい怒ってみせて、縁切りまでした。

その前は……数年、遡らないと出てこない。

 

自分で言うのもヘンだけど、どっちかと言うと温厚な方だと思う。

 

 

ただ、それを、ブログで見せるって、難しいよね。

 

書きたい、と思うほどのこと…となると。

いやいや違うだろ、みたいなことになるし。

 

笑った時の状況を書いたって、仕方ないし。

 

 

笑いを言語に書き起こす……って。

なんか、すごい、バカバカしい感じになるよなあ…って、思う。

 

それに、笑う時のことって、「後で掘り下げてみよう」っていう話じゃなくて。

その時のノリとか、場の雰囲気とかが大事で、後から文字で再現したってなんだかなあ…だし。

 

笑っている自分を表現する…というのは、笑わせるブログというのとも、また違うしねえ。

 

 

f:id:art-hiro-b:20160219003221j:plain

笑うハヌマーン

お年賀用に描いたんだけどもね。

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。