緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

言霊を上手に使う&望みの状態に切り替えるスイッチ…の話

言葉の使い方に気をつけよう…とは、よく言われることだ。

ただ、その具体的な方法となると、なかなか、教えてもらう機会は少ない。

ありがとうを100回とかいう話ではないので、それ系のツッコミはご遠慮願う。

 

今日、実に具体的な、その方法を一つ、伝授してもらう機会があった。

負のスパイラルに向かいやすい表現を、逆向きベクトルに転換させる言い換えの具体例だ。

 

細かくしすぎず、丸めて一つのかたまりとして扱えるようになる。

その上、「○○ができない」というマイナス表現をムリなく逆転させる言い方。

 

私は、自分の傾向として、どうしても細分化したくなる。

細かい要素に分けて、何がどうなっているかということを特定していきたくなる性分だ。

よい方に働く場合もあるけれど、マイナス作用が出ることも多い。

 

今回は、まさにマイナス作用の具体的例だった。

 

丸めて、もう少しチャンクアップすることによって、「元のテーマ」を包含しつつ、無理矢理感が全くない言い換えとなった。

 

なんというか…

 

太極拳みたいだな、と思った。

(わかりにくい?)

 

 

あと、もうひとつ。

アンカリングってのが、どうにも、うまくできなかったんだけど。

あれが使いこなせたら、けっこう、いいよな…って思っていた。

それを話す機会をもらえて、アンカリングの概念が変わった。

 

なんだ、そういうことか~!

と、非常に、よくわかった。

今のところは、まだ、体感として理解できてないので、今後実践していくうちに、またいろいろ思うことがあるかも知れない。

 

たぶん、もしそうなったら、またお会いすることになるかな。

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。