緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

満たされている それでもハングリーである

「満たされてない」ことと「ハングリーである」ことは、違う。

 

自分が満たされていれば幸せである、という意見は私も賛成する。

ただ、それと、技術や知識などの「もっと高いところへ」と思う欲求とは、源泉が違う。

 

 

私は、今現在、ほぼほぼ「何不自由ない生活」をさせてもらっている。

そりゃあ、日々のことには様々な大小のトラブルもあれば、三次元的に不足していることもあれば、先行き不透明なこともある。

そんなことは、ごくごく当たり前のことであって、山あり谷ありというのが人生。

 

やることに異論を挟まず泳がせてもらえているし。

息子達は彼らの人生を生きているし。

実現したい妄想などはいくつかあれど、それを温めて遊んでいられるわけで。

非常に、恵まれてる生活だと思っている。

 

 

ただ、だからって「どうにも湧き出てきて止められない渇望」が消えることはない。

 

今は「上手くなりたい」という欲求は優先度の順位が大きく下がっている。

技術という面では、ハングリーさは半減以下になったと思う。

その代わり、別の欲求がある。

そういうものは、その時によって重要度を変えながら、しかし消えることなく常に、湧き出てくるもの。

 

 

仲間内で「トシのせいか、野心ってものが消えちゃった」なんて話が出たのだけど。

 

たぶん、私は、それが消えるってことは、ないと思う。

若い頃のものとは、確かに、趣は違うけれどね。

 

 

 

これは、近所で撮った今日の夕焼け空。

f:id:art-hiro-b:20160216221055j:plain

こんな風景を見ると、この世は美しさに満ちている、と思う。


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。